マイクラ攻略wiki > 基本情報 > チュートリアル13:憧れのマイホームを作ろう!

チュートリアル13:憧れのマイホームを作ろう!

チュートリアル13:憧れのマイホームを作ろう!

マインクラフトをプレイするなら夜を安全に過ごせる「」は必須の存在です。ただ、家を作るといっても作り方やサイズなど考えないといけない面があります。

そこでマインクラフトを始めたばかりの人向けの手頃な家を考えてみましょう。

短時間で小屋を作る

マインクラフト序盤なら見た目が悪くてもいいから安全な家を作っておきたくなるものです。そうした場合におすすめなのが豆腐建築と呼ばれる小屋です。

作業台、「かまど」、「チェスト」、「ベッド」が置ける最低限の大きさの「小屋」ならば材料が揃えばゲーム内時間で半日もあれば建設できます。ある程度の内部空間を確保したいなら7マス×7マスのサイズで十分です。

加工のしやすさを考えて材料は「木材ブロック」を使用します。作り方は非常に簡単です。予定した7マス×7マスに木材ブロックを並べて土台を作ります。

その上に2段ほど木材ブロックを積み重ねて壁を作り、最後に天井を木材で蓋をします。壁に二か所程「」を開けて、入り口に扉を付ければ簡易的な小屋の完成です

チュートリアル13画像1

小屋の内部にはベッドと作業台、かまどを設置して、部屋の四隅に松明を取り付けましょう。これでも十分にマインクラフトで役立ちますので最初のうちは割り切って使うことをおすすめします。

屋根付きの家を建てる

マインクラフトのプレイに慣れてきたらもう少し立派な家に建て替えるといいでしょう。初心者におすすめなのが屋根付きの平屋です。

家の大きさに拘らないなら最初に作った7マス×7マスの小屋を改造するのが手っ取り早いです。少し家が手狭に感じるなら壁を一回り大きくしてから屋根の取り付けを始めましょう。

最初に家の両脇の壁に階段ブロックを横一列に取り付けます。次に家の入り口と後ろの部分の上部に凸型にブロックを積み上げます。

次にこの凸に沿うように家の側面に階段ブロックを取り付けていきます。すると段差状の屋根が簡単に作れるのです。

屋根」を天辺まで取り付けたらデザインの微調整に入りましょう。屋根の前後の部分の階段ブロックを1マス分飛び出させます。こうすると屋根の見栄えが自然な感じになります。

次は窓に「ガラス」を取り付けます。ガラスは砂ブロックをかまどで焼くと作成できます。このガラスを作業台で加工すると薄いガラス板にすることもできます。

どちらを付けるかは好みになりますので気に入った方を利用しましょう。後は家の周りを柵で囲ったり花を植えるなりすると立派な一軒屋の完成です

チュートリアル13画像2

なお、最初に作った小屋を改造した場合は小屋の天井部分を壊しておきましょう。

家の内部を作りこもう

家の形が整ったら少し家の内部にも気を配りたいものです。まず最初に手がけるのが床です。床が土のままだとせっかくの家の雰囲気が台無しです。

そこでおすすめなのが板張りのフローリングにすることです。やることは簡単です。まず床を一段掘り下げます。

そこに木材ブロックを敷き詰めていきます。このとき木材の材質によって床の雰囲気が変わりますので好みの木材を使いましょう

チュートリアル13画像3

床の色を白っぽくしたいなら「白樺」を材料にするといい感じになります。家の壁には「松明」を取り付け明かりをしっかりと確保しましょう。

屋根を作ると天井が高くなるので上の方にも取り付けるのを忘れないようにしてください。忘れがちですが、できれば家の外壁にも松明を付けることをおすすめします。

特に屋根は忘れやすいですが、屋根が広い場合放置するとモンスターが沸くことがありますので要注意です。後は好みにより、家の周囲にフェンスを付けたり、堀を作ることも効果的です。

特に2マスほどの堀を作ると「ゾンビ」や「スケルトン」が敷地内に進入してこれなくなります。上から一方的に叩けるので序盤の経験値稼ぎにも使えるので便利です。

ここまで作成できれば当面は十分です。さらにマインクラフトに慣れたら今度は二階建ての「豪邸建設」に挑戦してみてください。

関連記事

建築まとめ」はこちら

初心者の家づくり」はこちら

家具を整える」はこちら

内装を揃えよう」はこちら

© 5Q 2015

運営会社