マイクラ攻略wiki > 基本情報 > アドベンチャーモード

アドベンチャーモード

アドベンチャーモードをプレイしてみよう!

アドベンチャーモードとは

アドベンチャーモードは、ゲーム中においてプレイヤーの行動を一部制限し、ブロックの破壊を制限したゲームモードである。開発段階ではダンジョンアンドレバーモードモードと呼ばれていた。

主に制作、配布されている冒険用ワールドを遊ぶ場合に用いられ、冒険の妨げとなるような破壊行為を出来なくすることで、ゲーム性を保ち、公開サーバーでは、荒らし対策として用いられる。

このモードでは、プレイヤーは殆どのブロックを直接壊すことができず、適切なツールを用意する必要があるが、そのための材料を入手できないため、とても困難である。

Mobを倒すことや、アイテムのクラフトは可能だ。

アドベンチャーモード画像1

アドベンチャーモードの遊び方

アドベンチャーモードへは、チートコマンドを使用することで、変更することが出来る。/gamemode 2 <プレイヤー名>または、/gamemode adventure <プレイヤー名>。

マルチプレイにも対応しており、冒険ワールドを複数人で遊ぶことも出来る。

通常のサバイバルなワールドでプレイすることも可能だが、前述の通り素手でブロックの破壊ができないため、生成されたチェストなどからアイテムを入手するしかなく、とても難易度が高い。

道具作成に必要な木材は宝箱から入手できないため、クリーパーなどの爆発するMOBに破壊してもらうしか無い。

アドベンチャーモード画像3

スポーン直後はモンスターから隠れる拠点を作れないため、道具が揃うまで、村などの生成物を見つけて隠れなければならない。

さらに、作物を育てることもできないため、MOBを倒して食料を得ることになるが、焼くなどの加工にかまどなどのアイテムが必要なため、村の鍛冶屋等で見つけるか、生成されている溶岩を上手く使って焼き殺す必要がある。

初心者の場合はボーナスチェストなどをONにして少し道具を持った状態でスタートすると良いだろう。そうして、道具を手に入れられれば、少し楽になるが苗木を植えたり作物を植えることは依然としてできないため、材料はすべて生成されたものから採取しなければならない。

また、持っている道具を壊す、死亡してロストしてしまった場合、復旧するのも非常に困難になってしまうため、注意が必要である。

コマンドブロック

アドベンチャーモード画像2

コマンドブロックは主にこのアドベンチャーモードのために作られたアイテムで、レッドストーン信号を出力することで、コマンドブロックに書いたコマンドを実行することができる。

これを利用することで、冒険ワールドに様々なギミックを作ることができ、楽しみの幅が広がった。例えば、ブロックを指定の場所においたり、MOBをスポーンさせたり、効果音を鳴らしたりといったことが可能である。

このようなコマンドをレッドストーン信号を使って、プレイヤーがチェストを開けたり、感圧板を踏んだ際に発動させて、トラップにつかったり、MOBを出現させてダンジョンのボスなどを再現することが可能である。

アドベンチャーモードの歴史

アドベンチャーモードはDungeons and Leversという名称で、開発者のNotchより2010年に告知された、アドベンチャーモードはハードコアモードと同じく死んだら終了のシステムにするかもしれなく、クエストがランダムに生成されるようなRPG要素を取り込むことも挙げられていた。

しかし、正式版になるとアドベンチャーモードとして追加され、死んでも生き返り可能、コマンドブロックを追加することで、RPG要素はプレイヤーに任される形となった。

さらに、クリーパーなどによる爆発による地形破壊がコマンドによって制御できるようになり、完全に破壊不可能なワールドを作ることが可能となった。

配布ワールド

こうしたコマンドブロックなどのギミックを駆使して作られたワールドが様々な場所で配布されている。

中には1年以上制作に費やしたものや、RPGのような世界を再現したものなど、素晴らしい作品が公開されているので遊んでみても良いかもしれない。

© 5Q 2015

運営会社