マイクラ攻略wiki > ダンジョン > 廃坑

廃坑

廃坑攻略

マインクラフトの地下構造物である廃坑を解説します。

廃坑とは?

廃坑とは地下等にできる洞窟の一種です。内部に自然の岩しかない洞窟とは違って、たいまつや木造の人工物が配置してあるのが特徴です。

木の柵で作られた柱や、木材の門のような物体、途切れ途切れのレイルが敷かれているの様子から、廃れた鉱山のようだと話題になりました。いつしかプレイヤーたちは廃坑と呼ぶようになりました。

廃坑画像1

廃坑で安全に探索できる装備一覧

・作業台(クラフトテーブル)
・防具と剣一式
・スタック可能な食料10個以上
・石以上のピッケル2つ以上
・石以上のオノ
・トーチ192個以上(64のマス*3)
・丸石30個ほど
・木材

木材は下記のものを作っても余るくらい。最低でもオーク材64+64の128個以上は欲しい

・フェンスを20個
・ドア20枚
・はしご36個以上
木材が足りなければ土を128個以上でも代用可能。その場合でも木材はいくつか用意する

解毒ポーションと回復ポーションがあると、さらに安全です。

廃坑の特徴

廃坑は普通の洞窟よりも、石炭が豊富で、ラピスラズリも採掘できます。

また、廃坑に置いてあるチェストには、精錬済みのインゴットや食料、カボチャの種などのレアアイテムが入っていることがあり、探検好きに好まれています。

廃坑は木材の人工物が存在するので、地下で木材を調達できる貴重な場所です。木材の無い孤島スタートの場合、他の島を探すのと同時に、廃坑を探すことが目的になることもあります。

またレイルやトロッコ、チェストが配置されているので、廃坑を引き当てたらが原料のアイテムを早期に回収できます。

廃坑の道順は洞窟よりも単純で、人が掘ったようにまっすぐな通路と、広い場所の二種類で構成されています。通路は洞窟に比べれば平面が多いので、安全に探索できます。

逃げ場が少ない印象の通路ですが、ブロックとフェンスを駆使して安全地帯を作りながら進めば、比較的楽に探索できます。

廃坑画像3

また、蜘蛛の巣が張っていたり、洞窟蜘蛛がたくさんいる場合があるので、ベッドを作れる可能性もあります。

蜘蛛の糸を集めて、廃坑の木材を利用すればベッドを作れるので、仮の拠点を製作してじっくり探索することができます。普通の洞窟よりもうまみのある構造物と言えます。

プレイヤーによっては廃坑で暮らす実況をしている人もいるほど、好まれている構造物です。

廃坑で注意すること

廃坑は狭いところと広いところが極端に分かれているので、広いところに出たら注意が必要です。

自分が深い谷底に落下したり、逆にモンスターが上から落ちてきたりするので、通路と同じつもりで戦闘すると痛い目を見ます。

広いところに侵入する前には、通路にブロックで作った避難場所を作って、いつでも逃げられるようにした方が良いでしょう。

たまに通路の後ろからモンスターが出ることがあります。挟み撃ちは死因のトップ5で、探索不足が原因です。完全な探索はあきらめて、こまめに通路をブロックとフェンスで区切って、エリア分けをすると安心です。

洞窟グモ

廃坑画像2

廃坑に登場する洞窟蜘蛛(ケイブスパイダー)は、毒をもっているのでライフと食事の自然回復には気を使う必要があります。

廃坑の中で蜘蛛の糸がやたらと張っている通路があったら、そこには洞窟蜘蛛のスポナーがあります。蜘蛛の糸を回収できるチャンスですが、不用意に近づくと痛い目にあいます。

危険だと思ったら、火をつけて始末するのも手です。スポナーを壊したら火をつけて始末しましょう。もちろん、他の安全な場所の木材を全て回収してから、丸石の安全地帯を作って避難できるようにしてからです。

廃坑で迷ってしまい、脱出したくなったら

迷ってしまい、廃坑の安全地帯にも出口にもいけなくなったら、最後の手段を使います。廃坑をひたすら上に掘り続けるという方法で脱出します。

1、できるだけ壁際に寄ります。
2、ジャンプしながら足元にブロックを置き続けます。
3、天井にたどり着いたら、その天井を掘ります。
4、ジャンプしながら真下にブロックを置き続けます。
5、天井を掘ります。

これを地上に出るまで繰り返します。

ただし、普通に逆直下掘りならぬ直上掘りをすると、砂利で埋まる恐れがあります。安全策として、真上を掘ったら、その横も掘って、足場を作ってから都合2ブロックの間を交互に移動しながら掘り進むと安全です。

廃坑を見つけたらチャンスなので、危険に備えてから、どんどん挑みましょう。

関連記事

© 5Q 2015

運営会社