マイクラ攻略wiki > 建築 > 和風建築

和風建築

和風建築の作り方

Minecraftでは様々な建築物が生成され、またプレイヤーの手で作ることができます。中でも和風建築は日本で昔ながらの木造建築やお城を真似てクラフトしていきます。

橋と通路

和風建築画像1

壁外などの道路のような部分は手前右の砂利の道を使います。砂利は壁などではなく地面にすると雰囲気も出ますし、神社のような建物にも合います。

建造物の周りを砂利で埋めるのもいいですが道路などに用いる場合は画像のように周りの地面との差別化を図るため丸石の階段などを並べると舗装された道路のようになります。

もっと周りの道との区別をはっきりさせたい時は画像1のように石のフェンスをつけるとさらにメリハリが付くでしょう。

次に手前の黄色い道です。これは城内など砂利の道より高級感を出したい時に使う道です。道の黄色い部分は砂岩を敷き詰めています。

砂岩は上から見ると模様が少しあるので他のブロックより雰囲気が出て、黄色いので暖かく見えます。ここでも周りの道との差別化を図るために道の切れ目に階段ブロックを並べます。

ここで先ほどのように丸石の階段ブロックを使うと黄色と合わず高級感が出ないのでここは見た目が美しい石レンガの階段ブロックを使用します。その外側に木の葉を置くとさらに風流な城内の道のようになります。

最後に奥の橋です。橋の部分はマツの木材ブロックとハーフブロックを使いカーブを描かせます。

マツの原木で作った骨組みの上に階段ブロックを逆向きで置いていきます。こうすると手すりが柵のように透けて見えます。

城壁や塀

和風建築画像2

画像のように積み重ねると城やその周りの塀のように建築できます。

下から丸石ブロックを2段、そのうえに磨かれた閃緑岩、その上に雪ブロックを2段積み重ねると画像2のように出来ます。

壁の白い部分はいろいろ代用ができると思いますが、遠くから見た時に一番きれいなのは雪ブロックです。

一番上の塀ですが壁に接してる部分はまた階段ブロックを逆向きに設置していきます。その横にハーフブロックを置くと塀の完成です。

塀は下から見ることが多いので裏側をこだわると良いでしょう。

基本的な和風の木造建築

和風建築画像3

最後に画像のような和風の木造建築の基本です。

まずは骨組みからです。松の原木を使います。のちに屋根を立てるのを見越して奇数にしましょう。偶数で建てると中心が定められず、とんがった屋根などを上手く作ることができません。

柱を立てたあと中心に建てる梁ですがこれは天井や壁で隠さずに露出させると日本の木造建築らしくなります。梁は柱を繋げた十字のように組みましょう。

柱ができたら屋根の下の骨組みのところです。上の柱の周りに階段ブロックを逆向きに並べていきましょう。柱の中心に来る部分は普通の木材にしましょう。これを一周ぐるりと張り巡らします。

次に屋根ですが和風の建築にするため屋根に反りをつくります。木材の階段ブロックとハーフブロックと普通のブロックの使い方がとても大事になります。

和風建築画像1

普通に階段ブロックを屋根の形に積み上げていくと坂が一定となってしまい和風建築からは遠ざかってしまいます。なので一番外はハーフブロック、次に階段ブロック、最後に木材で屋根を作ると徐々に急な坂になり、和風建築ができます。

屋根が最後までできると、頂点の部分に違う木材のハーフブロックを並べるとよりお城のようになります。

最後に床を作ります。床を一段あげるために外回りの柱に柵を一周させます。そしてその上に床になるように中までハーフブロックを敷き詰めていきます。

床はハーフブロックなので普通のブロックを置くには注意が要るので明かりは松明を柱につけるようにしましょう。

最後に壁ですが松の木材で埋め尽くします。そこに白生地に十字をいれた旗をつけると障子に見えます。これを裏表張り巡らさせると立派な和風の木造建築の完成です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。和風建築のコツはハーフブロックや階段ブロックを自在に使って和風建築の細かいところを表現することです。

最初は小さい建物でもいいので和風建築してみてください。

関連記事

© 5Q 2015

運営会社