QムービーTOP > ゲーム > ダークソウル > ダークソウル3

ダークソウル3 太陽の直剣の性能と立ち回り

太陽の直剣とは武器種「直剣」の武器です。

この太陽の直剣はダークソウルシリーズ全てで登場しており、ダークソウル1の武器説明文では質のいいロングソード程度の説明をされていました。

しかし、今作ダークソウル3ではどのような扱いの武器になっているかを知るために、まずは武器説明文を見ていきましょう。

武器説明文】

雷の力を宿した古い直剣

見かけは変哲のないロングソードでしかないが

宿した力は、確かに太陽のそれである

それは、偏執にも似た思いの賜物だったろうか

戦技は「太陽の誓い」

太陽の誓いと共に剣を掲げ

周囲も含め、攻撃力とカット率を高める

太陽の戦士は、古来協力者であったという

説明文を読むと太陽の直剣が年を重ねるごとに太陽の力を宿してきていることが伺えますね。

これはプレイヤーたちの太陽信仰の力が積み重ねられた結果かもしれません。次にこの太陽の直剣の大まかな性能を書いていきます。

【太陽の直剣】

・重量:3.0

・初期物理攻撃力:112

・必要能力値:筋力12、技量12、信仰16

・戦技:太陽の誓い / 消費FP:40

性能を見ると初期攻撃力は直剣としては平均的な性能ですね。

ただ必要能力値に信仰16が必要と言うところが、太陽の力を宿している武器を使うのならば信仰心を見せてみろと言われている気がしてきます。

そして納得がいかないのは「雷の力を宿した古い直剣」と記載されているのに雷ダメージが無いということでしょう。

雷の力=太陽の誓いと考えればいいのでしょうが、それでしたら「太陽の力を宿した古い直剣」と記載する方が分かりやすいのではと思ってしまいます。

戦技【太陽の誓い】

自身と自身の周囲の協力者に攻撃力上昇、カット率上昇を45秒間付与することが出来ます。

この攻撃力上昇は物理攻撃力の値を上げるのではなく、攻撃した際の最終的な与ダメージを引き上げる効果です。

効果時間はそれほど長くはないですが、記憶スロットを使用せずに奇跡のようなバフが使えるとてもありがたい戦技です。

この戦技の効果を加味した場合に太陽の直剣は直剣武器の中でもトップクラスの攻撃力を持っているといえます。

注意点

まず、自分の奇跡【惜別の涙】や奇跡【深みの加護】の効果を消してしまう効果があります。

戦技【太陽の誓い】の後に奇跡をかける分には重複可能ですので、気をつけましょう。自分以外の周囲のプレイヤーの上記奇跡の効果は消さないので、あくまで自分の奇跡の効果のみ注意すればいいようです。

また、魔法ではなく戦技なので、魔法の効果時間を延ばす「佇む竜印の指輪」の効果は適用されないのでそちらも注意しましょう。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

太陽の直剣の入手方法

09184-darksouls3_thumbnail

太陽の直剣について大まかに書きましたが、この太陽の直剣はどこで手に入れることが出来るのかを書いていきます。

入手方法はロスリック城の篝火【冷たい谷の踊り子】近くのボス前ショートカットリフトを上って出た先の左側にある壊れた柵から飛び降りましょう。

その先から入れる屋内の貪欲者がドロップします。

ロスリック城のマップには太陽の祭壇があるので太陽の直剣がこのマップにあるのは必然と言ってもいいかもしれませんね。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

太陽の直剣を使う上でのステ振り

太陽の直剣は必要能力値に信仰16必要ですので、まずは装備に必要なステータスを確保しましょう。

信仰は足りていなくても筋力と技量が足りていれば武器として振るうことは出来ますが、戦技が効果を発せず、攻撃する際のスタミナ消費量が増えるので信仰は絶対に確保しましょう。

そうした後は筋力と技量を40まで上げる上質ステータスにして残りは生命力や持久力に振りましょう。

戦技を適度に使っていきたいのであればFPの消費が多いので、集中力にステ振りをしてFPを確保するのもありだと思います。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

太陽の直剣の立ち回り

太陽の直剣について色々と書いてきましたが、ここではこの武器を使用する際のおすすめの立ち回りを、攻略時の立ち回りと対人時の立ち回りの2つに分けて書いていきます。

攻略時の立ち回り

これは直剣の基本として左手に盾を持ち右手には太陽の直剣を持って戦うといいでしょう。

直剣の強みは片手持ちでの早い攻撃と常に左手でパリィを狙えるということが強みですので、そのスタイルは極力崩さない方がいいでしょう。

もしも工夫をするのであれば、左手に持つ盾を物理カット率100%の盾とパリィ用の小盾を敵に合わせて持ち替えるなどすると道中攻略の安定度とパリィからの致命の一撃による火力の増加の両方を確保することが出来るようになります。

また、敵によっては大盾でガードしながら戦うと楽になる敵もいます。このように盾を上手く選択することで道中の安定度は高まることになるでしょう。

あとは、オンラインプレイ時の協力プレイをしているときは、ボスと戦うときやHPの多い敵と戦うときに戦技で攻撃力を底上げすると少し喜ばれます。

ソロプレイ時も似たような使い方をすればいいのですが、ソロプレイ時は敵からの攻撃を受けないように注意しながら戦技を使いましょう。

対人戦での立ち回り

道中攻略での使い方と似たような部分があります。

基本的は左手に小盾を持ち、右手に太陽の直剣を持ち戦うスタイルになるでしょう。

戦技は対人戦ではにらみ合いが続いたりして効果時間が切れてしまうということが多発するので使用しなくても問題ありません。

立ち回りとしてはR1攻撃を2連続で当てることがダメージソースとなりますが、それだけを繰り返していても見切られてしまうので、たまにジャンプ攻撃やローリングR1攻撃などを織り交ぜていきましょう。

攻撃を狙うときは相手のスタミナに余裕がなさそうなときに狙うのが基本です。そうしないと、相打ち覚悟で相手が攻撃してくることもあり、相手にスタミナが十分に残っている場合にはそこから手痛い反撃を受けてしまうことがあります。

小盾を装備しているとき

パリィが狙いやすい武器を相手にしているときは積極的にパリィを狙っていくといいでしょう。

リーチで負けていて近づくのが辛い武器を相手にするときもパリィを狙っていかなければいけないでしょう。

パリィが狙いづらい武器を相手にするときは盾を物理カット率の高い大盾や中盾に持ち替えることも視野に入れましょう。

あとは対人戦では必須とも言えるスタミナ管理さえしっかりしていれば何も出来ずに負けるということは無いと思います。

最後に・・・

レギュレーションVer1.09ですとダークソードが弱体化されたので、太陽の直剣はトップクラスの直剣の仲間入りを果たしました。

上質ステータス時の物理攻撃力だけを見れば最大強化した太陽の直剣は、最大強化した熟練派生のブロードソード未満ダークソード以上の物理攻撃力はあるので、対人用としても十分実用範囲に入ります。

ダークソードから別の直剣への移住先を探しているのであれば太陽の直剣も候補にしてみてはいかがでしょうか。

ダークソウル3 攻略wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社