QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマオンライン ポーンのおすすめジョブを解説!

ポーンのジョブ画像1

ドラゴンズドグマオンラインでは、パーティー編成と役割が戦闘に大きな影響をもたらします。

特にソロプレイが中心の場合は、ポーンのジョブ選びに失敗するとクエストが進行できない事態も起こりえます。

どのジョブで遊ぶかによって最適なポーンも異なりますが、ここでは、シーズン2.0で比較的どのジョブでも汎用的に使えるポーンを、3通り紹介したいと思います。

また、物理攻撃職のポーン特性についてもまとめます。

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

(1)プリースト

(1)プリースト

ポーンのジョブに悩んだら、プリーストを1名、育てておくと良いでしょう。

エレメントアーチャーのポーンもコアだし役として重宝しますが、回復や攻撃力サポートの面から、まずはプリーストを優先することをおススメします。

また、緑職は、シーズン2.0から新しく実装された「侵食状態」を他のジョブより速く回復してくれるため、新エリア「魔赤島」では回復面でも強い戦力になります。

おすすめのスキル

・ アタックライザー
・ ソリッドライザー
・ キュアスポット
・ エナジースポット

おすすめのアビリティ

・ 漲魂 (フィールドシフト時に敵の注目を集めにくくする)
・ 慈覧 (ヒールオーラ展開時に敵から注目されにくくなる)

アタックライザー(攻撃力のアップ)、ソリッドライザー(耐久力のアップ)は補助としても優秀ですが、装備させておくことで、フィールドシフトを行いやすくなるというポーンの特性があります。

フィールドシフト中は敵のターゲットにされにくくなりますので、多少装備が弱くても戦闘不能になりにくくなります。

そのため、あわせてアビリティ「漲魂」「慈覧」のセットもおすすめします。

ポーンのジョブ画像3

状態異常の回復ができる「キュアスポット」も、ポーンのAIが強化され、迅速に発動するようになりました。

プレイヤーだけでなく他のパーティーメンバーの状態異常にも敏感に反応してくれるため、ぜひ備えておきたいスキルです。

ポーンのジョブ画像4

スタミナ回復ができるエナジースポットは、薬の節約だけでなく「壮腕」などのスタミナで火力が上がるアビリティにも貢献できるため、必須のスキルと言えます。

敵のダウン時に、ポーン命令「エナジースポット発動」を指示することが多いため、ショートカットに入れておくと良いでしょう。

ただし、プレイヤー自身がプリーストかエレメントアーチャーをメイン職としてプレイする場合は、1体目は攻撃職にしておきましょう。

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

(2)ソーサラー

ポーンのジョブ画像5

ソーサラーのポーンは、戦闘不能になりにくいことや、大威力攻撃を行えるため、攻撃役として大変優秀です。

クレストを付け替えなくても、魔法のセットを変えることでさまざまな属性攻撃ができるため、汎用性も高く活躍の場も多いでしょう。

とはいえ、ジョブポイントやジョブ修練の問題があるため、すべての魔法を覚えさせるのは難しいと思いますので、以下、おススメをまとめておきます。

おすすめのスキル

ポーンのジョブ画像6

・ サンダーレイン
・ ロックビート
・ ダークネスミスト

ほとんどのクエストでは、サンダーレインのみでも十分戦力になります。

サンダーレインは、ポーン命令「雷属性攻撃」を指示すれば優先して詠唱に入ってくれます。

あまり複数のスキルをセットしても、意図しない魔法を準備してしまうことがあるため(詠唱時間が長く、間に合わなかったなど)、あえてサンダーレインだけセットするという使い方も有効です。

特殊な敵の場合のみ、別スキルを追加でセットしていくと良いでしょう。

ミスト系・シャドー系のモンスター戦ではロックビートを、ゴーレム系のモンスター戦ではダークネスミストを追加で持っていくと戦闘が楽になります。

サンダーレインより、ロックビート・ダーククネスミストを優先して撃たせたいときは、ポーン命令「大威力攻撃」を指示すればOKです。

おすすめのアビリティ

・ 続詠( 詠唱中でもバックムーブを行え、詠唱ゲージが一定量保持される )
・ 攻雷( 雷属性攻撃で与えるダメージ量が増加 )
・ 倒陣( マジックトラップ展開時、より敵の体勢を崩しやすくなる )
・ 泰然( スタミナが一定量以上の時、魔力が増加する )

ポーンは、何も命令しない状態だと、ノーマルスキルであるマジックトラップを多用する傾向があるため、倒陣を入れておくと良いでしょう。

詠唱が中断しないよう(回避できるよう)、続詠は必須になります。

サンダーレインが最も多用するスキルとなるため、威力を増加させる「攻雷」も入れておくと良いでしょう。

また、ソーサラーはスタミナを消費しにくいため「泰然」が火力増加に最も高い効果を表します。

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

(3)プレイヤーと同じジョブ

ポーンのジョブ画像7

ポーンをプレイヤーと同じジョブにすると、より専門的なポーンが育成できます。サブジョブのレベル上げをするときに、非常に有効な方法です。

メインジョブのジョブ修練は優先的に進めていくため、同じジョブにすることで、必然的にポーンにもさまざまなアビリティ・スキルを覚えさせることができます。

また、メインジョブの装備はしっかりしているため、「おさがり」として、かなり質の高い装備を使いまわすことができます。これは倉庫の節約にもつながります。

同じジョブがいても、一見邪魔になるのでは…という懸念もありますが、ドラゴンズドグマオンラインの特性上、プレイヤーは色々なジョブへ転職することが多くなります。

そのため、プレイヤーが「別ジョブのレベル上げ」をする際に、武器・防具・スキル・アビリティを備えた「最強の代打」として、サブジョブのレベル上げをサポートしてくれることでしょう。

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

物理攻撃系ジョブについて

ポーンのおすすめジョブとして、プリースト・ソーサラーを挙げましたが、自身がプリースト・ソーサラーでプレイする場合は、近接の物理攻撃職を代わりに1名育てると良いでしょう。

安定して魔法詠唱を行いやすくなります。

ソーサラーメインでプレイする場合

プリースト、ファイター(近接物理攻撃)、ソーサラー(自分と同じジョブ)

プリーストメインでプレイする場合

ソーサラー、ファイター(近接物理攻撃)、プリースト(自分と同じジョブ)

ただし、物理攻撃系ジョブはそれぞれにクセがあるため、以下に解説します。

専門的に育てるのならファイターを優先

ポーンのジョブ画像8

また、ファイターのレベルを上げると、物理攻撃力が増加するアビリティを覚えられるため、他のジョブに転職させた後も威力を発揮します。

また、特に洞窟や遺跡のような狭いエリアでは、パーティーの「盾役」として役に立つことがあります。

アルケミスト・シールドセージのポーンがなかなか「盾役」として機能しないことから、ファイターは「盾役」としても威力を発揮します。

ただし「天蓋切り」をセットしていないと、空中の敵に無力になりますのでご注意を!

ザコ狩りに役立つシーカー

ポーンのジョブ画像9

「シーカー」は、かまいたちをセットしていると、ザコモンスターを素早く倒してくれるというメリットがあります。

そのため、ザコ狩り中心のクエストや、小型モンスターを多く倒すジョブ修練には、非常に役に立ってくれます。

逆に、かまいたちをセットしていないとロープでくるくる空中を回るだけで攻撃が少ないため、戦力として過度な期待はできません。

大型モンスターに対しては、しがみつきが多い傾向にあります。

「大威力攻撃」を命令すると爆炎線を発動しますが、爆風でひるんでしまうため(構え直しによる「爆炎返し」ができないため)、DPSとしてはファイターのほうが高威力を誇ります。

ウォリアーは使いにくい

ポーンのジョブ画像10

ウォリアーは「魔人崩し」による気絶を狙えますが、他ジョブよりモーションが遅めのため、汎用性に劣ります。

特に、コカトリスやグリフィンといった有翼系モンスターは相性が悪く、しがみつき時の溜め攻撃の時間も長いため、ファイター・シーカーのほうが役に立つ機会が多くなりがちです。

専門的に育てるのではなく、必要な時、サポートポーンをレンタルすればよいかと思います。

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社