QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 フォトンブラスト(PB)とは?

フォトンブラスト(通称は「PB」等があるが、他のアイテムと略称が被る)は、レベルが30以上になり第2形態へと進化したマグを装備している時に使用可能になる効果です。

 フォトンブラストを使用できるようになるためには、第2形態以上の段階に進化していることが条件になります。単純にLv30以上のマグであっても初期形態マグの場合にはフォトンブラストを習得しません。

 マグの進化が起きないという事は通常はまずありえないため気にする必要はありませんが、複数のステータスを満遍なく上げている場合にはレベルのスキップが起こる可能性があり、マグがフォトンブラストを習得しないままになる、という可能性があります。

 フォトンブラストは、習得しているマグを装備し、フォトンブラストをサブパレットにセットする事で使用可能になります。

使用するためにはクエスト中にゲージを蓄積させる必要があります。

ゲージを蓄積させる

・ダメージを与える

・ダメージを食らう

のいずれかの行動を行う必要があり、蓄積量はゲージで確認できます。

PC版、PS4版ではサブパレットのフォトンブラストのアイコンの周囲を囲むようにゲージが表示され、Vita版では画面の左下、キャラネームの左にあるアイコン部分にゲージが表示されるようになっています。

ゲージの蓄積量に関しては、より高いダメージを与える、もしくは食らうことでより多くゲージを貯めることが出来ます。

またレンジャーのクラススキル「ウィークヒットブラストボーナス」では条件を満たすことでゲージ蓄積力を増加させる効果があります。

発動待機状態

サブパレットから通常のアイテムと同様に使用する事で発動可能です。発動時に長押しすることで発動待機状態にすることが可能で、最大で10秒間発動状態で待機可能です。

この状態で他のプレイヤーやNPCがフォトンブラストを使用すると「PBチェイン」の状態になり、フォトンブラストの効果が強化される恩威があります。

また、発動待機中はキャラクターが無敵状態になるため、緊急の回避用としても利用可能です。

フォトンブラスト発動

マグはセットされているフォトンブラストに対応した幻獣へと変化、効果に合わせた挙動を行います。

大半の効果は攻撃ですが、中には範囲内のキャラクターのHPとPPを回復するなどの支援系の効果を持つものもあります。

ダメージを与えるタイプのフォトンブラストは、プレイヤーのステータスに依存します。そのため高ステータスのキャラクターで使用するフォトンブラストのほうが強力になります。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

フォトンブラストの種類

09015-pso2_thumbnail

フォトンブラストは「外見の名称+効果ごとの名称(イリオスのプロイ系ならば「イリオス・プロイ」など)」という形になっています。

外見

・一角獣のような「ヘリクス」
・要塞のような「アイアス」
・魚のような「ケートス」
・多腕の女神のような「ユリウス」
・剣のような武器を持った戦士型の「イリオス」

の5種類に分かれます。外見は主に

・打撃系マグでヘリクス
・射撃系マグでアイアス
・法撃系マグでケートス
・技量系マグでユリウス

になる傾向がありますが、現在はマグのLvが100以上になって時点で、エクスキューブ交換で入手可能なマグデバイスを使用する事で自由に習得しているフォトンブラストを変更できるため、傾向による差はなくなっています。

イリオス

また戦士型のイリオスはこのマグデバイスによる変化でのみ習得する事が可能で、マグの育成段階では習得出来ない特殊なマグになっています。

フォトンブラストは更にこれらから、初期(Lv30)で習得するプロイ、Lv100以降習得することになるイメラ、ニフタの3種類に分かれ、全部で15種類が存在します。

ヘリクス・アイアス・ケートス

 ヘリクスは3種類全てが打撃力依存、アイアスは3種類全て射撃力依存、ケートスはイメラ、ニフタが法撃力依存(回復系のプロイは依存ステータス無し)、ユリウスとイリオスはプロイが打撃力依存、イメラが射撃力依存、ニフタが法撃力依存になっています。

 余談ですが、星13武器のアーレス武器は全てこれらのフォトンブラストをモチーフにしているとされています。

アーレス武器のフレーバーテキスト部分でそれぞれの武器のモチーフになっている幻獣について言及しており、ソードでは「一角獣の幻獣」と「貫く力」といったヘリクス系と共通した表現がされています。

これ以外にもウォンドでは「白魚の幻獣」「惑わぬ力」といったケートス系、カタナでは「戦士の幻獣」「挫けぬ力」といったイリオス系に関連するワードが入っています。

フォトンブラストの特徴

ヘリクス系のフォトンブラストの特徴

・ダメージはキャラクターの打撃力に依存
・イメラ、ニフタには一部の攻撃にスタン効果あり
・PBチェイン時には攻撃回数増加

などがあります。プロイについては特殊な効果のない単純な突進ですが、イメラ、ニフタに関してはプロイと違い飛び掛かり後にイメラは電撃、ニフタは角を用いた連撃からの踏み付けを行います。

イメラの電撃、ニフタの踏み付けにはそれぞれスタン効果があります。

アイアス系のフォトンブラストの特徴

・キャラクターの射撃力依存
・射撃攻撃のためヘッドショットが発生することもある
・PBチェイン時には発射数増加

などがあります。アイアス系は共通して、射撃系の攻撃を行うためヘッドショットになることがあります。

プロイではランチャーの通常攻撃のような炸裂弾を発射、イメラでは上空からの攻撃、ニフタでは大量の貫通弾を発射します。

ニフタは通常発動で12発、以降チェインする人数×12発という形で増えていきます。そのため最大チェイン時には12発×12人で144発と大量にばら撒くため、低スペックのPCではエフェクト消失なども考えられるため注意が必要です。

ケートス系のフォトンブラストの特徴

・唯一の支援系フォトンブラストである、ケートス・プロイがある
・イメラ、ニフタは発動時に使用者にシフタとデバンドの効果がある
・イメラ、ニフタは法撃力依存
・PBチェイン時には効果範囲、効果時間が増加

といった点があります。「ケートス・プロイ」は全フォトンブラスト中最も使用されているであろうフォトンブラストです。

効果は範囲内にHP回復とPP回復速度増加効果を持つフィールドを展開、更にゲージの蓄積速度が他のフォトンブラストよりも早いという特徴があります。

イメラ、ニフタに関しては発動時にシフタとデバンドが付与されるものの他の幻獣のモノと大差ない普通の攻撃なため、ケートス・プロイの影に隠れる形になっています。

ユリウス系のフォトンブラストの特徴

・プロイが打撃力依存、イメラが射撃力依存、ニフタが法撃力依存
・性能面でユリウス・ニフタの採用率が、ケートス・プロイに次いで高い
・PBチェイン時には攻撃回数増加(プロイ、イメラ)、持続時間増加(ニフタ)

という点です。プロイ、イメラに関してはそれぞれ参照するステータスこそ異なるものの他の攻撃系フォトンブラストと比べて差が無いです。

反面、ユリウス・ニフタは発動時に効果範囲内のエネミーを一点に吸引する効果があり、対集団時、特にPSEバースト時の適正の高さから最有力候補であるケートス・プロイに次いで使用される機会が多いフォトンブラストです。

イリオス系のフォトンブラストの特徴

・ユリウス同様に参照ステータスが種類によって違う
・効果は全て追撃系
・PBチェイン時には追撃の受付時間が増加

という特徴があります。全てが追撃系のため、キャラクターが攻撃しない限りイリオス自身も何もしないなど癖の強さが目立ちます。

追撃に関しては、プロイは剣による追撃を行い、連続ヒットさせると1発目は1打、2発目は2打、3発目で3打と連続ヒットの回数によって攻撃回数が増加し、3発目以降は3打の攻撃を継続して行うようになります。

 イメラでは剣から貫通効果のある波動を撃ち出すようになり、こちらは1発目が1回、2発目が2回、以降は1回発射します。また、射撃攻撃のためヘッドショットも発生するなどの点で違いがあります。

 ニフタでは光の柱を発生させ3回の継続ダメージを発生させます。こちらは、他の2種類と違い、連続ヒットしてもヒット数が増える事はなく常に3回の継続ダメージを与えるのみになっています。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社