QムービーTOP > ゲーム > ダークソウル > ダークソウル3

ダークソウル3 拳武器~入手とステ振りと立ち回り〜

ダークソウル3 拳武器とは?

拳画像1

拳武器とは両手持ちすることで左右両方の拳に装備される武器です。ただし、拳武器【ダークハンド】は両手持ち出来ません。

攻撃武器としては攻略にも対人にも向いていない武器種ですが、パリィ用として拳武器【セスタス】を左手に装備してのパリィは性能が良いため、対人で人気があります。

拳武器は全て攻撃属性が打撃のため、拳武器のみで縛ってプレイする場合はアイテムを上手く使用していかないと道中攻略は辛いものになるでしょう。

そんな拳武器ですが、今作ダークソウル3ですと3種類しか拳武器はありません。

おすすめの拳武器

拳画像2

セスタス

正統派の拳武器であり、拳武器の中で唯一変質強化が出来る武器なので、拳武器で攻撃力を求めるのならば消去法でセスタスを選ぶしかありません。

そんなネガティブな理由でおすすめをしていますが、対人戦をするのならば戦っていける性能の武器です。

特に戦技【我慢】と近距離からのチェイン攻撃は対人戦ではかなり有用です。装備重量が0.5とかなり軽いのもおすすめなポイントですね。

拳武器は汎用的な武器がセスタスしかないのがネックですが、他の拳武器も面白い性能をしているので気晴らしに使っていくのもいいかもしれません。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

ダークソウル3 拳武器の入手

09008-darksouls3_thumbnail

拳武器は種類が3つしかないため、取り逃がすと1週目の攻略では使用せずままクリアしてしまうこともあるかもしれません。

そのようなことが起きないように拳武器の入手方法を書いていきます。

また、セスタスについては詳しく書きましたが他の拳武器についても軽い感想を交えていきます。

セスタス

入手場所:不死街の篝火【ボロ橋のたもと】の近くのショートカット扉から下水路へ行き墓地の鍵で開く扉近くの遺体にあります。

ゲーム序盤に入手出来るので、拳武器をメインに使っていこうとするのならばこの武器を手に入れてからが本番です。

デーモンナックル

入手方法:デーモンのソウルをソウル錬成することで手に入れることが出来ます。

レギュレーションVer1.09で装備重量が軽くなり装備重量が「8」から「5.5」となりました。

レギュレーションのバージョンアップ毎に少しずつ強くなっている武器ですが、セスタスの戦技【我慢】のような近づいて殴り合えるような戦技がないため、まだまだ性能的には微妙な武器です。

ただし、チェイン攻撃で戦技【炎のコマ】まで繋げることが出来るので、そのチェインを当てられるとちょっとした格闘ゲームのコンボを決めているような気分になり楽しいです。

尚、戦技【炎のコマ】の攻撃力は低いので決め手には欠けてしまいます。

ダークハンド

入手方法:NPCロンドールのユリアが12000ソウルで売ってくれます。

NPC「ロンドールのユリア」はNPC「ロンドールのヨエル」に暗い穴を5つまで増やしてもらいエリア移動した後、再度ヨエルの元に行くと出現します。

両手持ちが出来ない拳武器です。左手に装備すると盾と同じようにガードを使用することが出来ますが、カット率が低いので盾としての用途で使用する場合は微妙でしょう。

また、両手持ちが出来ないため他の拳武器のようなチェインが出来ないので火力に期待することも出来ません。

この武器のメリットとしては戦技【吸精】はNPCや霊体限定ではあるものの、ガード不能の掴み攻撃なのでガードを固めている敵相手ならば有効な手段になります。

また、装備に必要な能力値が無く装備重量も無いため低ステータスで縛りプレイをするときには役に立つということでしょう。

拳武器は簡単に取れる武器がセスタスしかないのが見て分かりますね。さらに、同じ武器をもう1個欲しい場合は2週目をプレイするかオンラインで誰かから貰うしかないということも辛いですね。

ダークソウル3 拳武器のステ振り

拳武器は種類が少なく、変質強化出来る武器がセスタスしかないため、ステ振りはほとんど悩むことはないでしょう。

全ての拳武器が使えるようにしたいのであればデーモンナックルの必要能力値を満たしたステータスにし、

【筋力】と【技量】を40まで上げる
【筋力】を60まで上げる

このどちらかを選択しましょう。

その後は自分のプレイスタイルに合わせて【生命力】【集中力】【持久力】を上げていきましょう。

殴りあうことが多いので【生命力】と【持久力】を多めに振るのがおすすめです。

デーモンナックルを使っていくのならば理力や信仰も多少振ると火力が上がりますが、デーモンナックルの攻撃はスタミナ消費が多いので【持久力】にもステータスを振りスタミナを確保しましょう。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

ダークソウル3 拳武器の強化

拳武器は変質強化出来る武器がセスタスしか無いため、強化の話になると必然的にセスタスの強化の話になります。

セスタスをどのように強化するのがいいかというと、攻撃に使用するのならば重厚派生か熟練派生がおすすめです。

重厚派生

筋力の能力補正値がAになるため、技量を削ってもある程度の攻撃力が確保出来ます。

熟練派生

上質ステータスならば最高値の攻撃力を確保出来ます。

セスタスに攻撃用ではなく左手に装備してのパリィや補助用としての役割を持たせる場合は愚者派生や祝福派生がおすすめです。

セスタスは重量が軽いため、左手に持っていても重量を圧迫せずに愚者派生や祝福派生の補助効果を受けることが出来ます。

そのため、武器を両手持ちで使う人や盾を持たない人には回復効果のある指輪を武器スロットで装備できるような感覚になります。

ダークソウル3 拳武器の立ち回り

最初に言っておきますが拳武器は道中攻略や対人戦に向いていない武器です。

1対1の対人戦という限定した状況であればやり方次第で優位に戦うことが出来ます。

そんな拳武器を使っていきたいという人がどの程度いるのか分かりませんが、少しでも拳武器を楽しめるように拳武器のおすすめの立ち回りを書いていきます。

セスタスでの道中攻略の立ち回り

まず、武器はセスタスの使用を前提として書いていきます。何故セスタスなのかというと、拳武器の中で一番汎用性が高いため、色々な対応を迫られる道中攻略に向いているからです。

それでは道中攻略で拳武器を使っていく場合の立ち回りですが、攻撃をして怯む敵に対しては両手持ち状態でのL1→R2→L1→L1のチェイン攻撃を狙いましょう。

怯む敵に対してはそのチェインをしているだけ大体どうにかなります。

怯まない敵に対しては左手に盾を持ち、隙を突いて攻撃をするか戦技【我慢】を用いてチェインで敵と殴りあうかを選択しましょう。小盾を持ってパリィを狙うのもいいかもしれません。

ボス戦での立ち回り

拳画像3

道中攻略とは違い回避に徹して隙を見つけたらスタミナに余裕を持って攻撃するようにしましょう。

後半は火力不足に悩むと思うので、エンチャントや攻撃アイテムなどを積極的に使用していくことも大事です。

対人戦での立ち回り

拳画像4

拳武器で対人戦をするのであれば両手持ちは必須に近いです。そのため、両手持ち出来ないダークハンドを除いた拳武器での対人戦の立ち回りを書いていきます。

基本は近づいて上記の道中攻略で記載したチェインを当てていくことが大事なのですが、拳武器はそのリーチの短さから少し距離が開いてしまうとチェインが繋がらなくなってしまいます。

近づく手段としては戦技【我慢】を使用した状態で相手が攻撃してくるまで張り付くか、ダッシュR1を上手く使って接近と攻撃を両立させるかを選択することになるでしょう。

そのような立ち回りをしなければいけないため、セスタスの戦技【我慢】で無理やり至近距離から殴りあうという立ち回りを求められることがあります。

上手くカウンターで当たればその後のリターンが大きいので自分のHPが減っていても相手が倒せそうだったら時には殴りあいを続けることも必要になります。

2週目以降か武器を貰った場合

セスタスやデーモンナックルを2個持っている場合は、左右両方に同じ武器を装備して両手持ちから左右持ちに咄嗟に変更してからのパリィを狙っていくという立ち回りもおすすめです。

これはパリィを1回失敗したら相手が警戒してしまうのでなるべくでしたら最初の1回でパリィを決めるように心がけましょう。

セスタスの場合は戦技【我慢】があるので接近戦が楽なのですが、デーモンナックルの場合は近づくまでが本当に辛いので戦技【炎のコマ】のダウン攻撃で上手く使ってダウンを取っりましょう。

起き攻めを狙っていかないと勝つのは厳しいかもしれません。また、デーモンナックルはL1→R2→L1→戦技【炎のコマ】→派生R2まで繋がるチェインがあるので決めると気持ちよくなれます。

記載しているチェインはレギュレーションVer1.09では使用可能ですが今後のアップデート次第では使用できるか分かりませんのでご注意ください。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社