QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 新世武器の仕組み~メリットとデメリッ~

新世武器は2016年4月に実装された、今までの武器(旧式武器)とは違う強化方法を持つ新しいタイプの武器です。

今後PSO2で実装される新しい武器は全て新世武器になるとされ、旧式武器はPSO2esなど一部でのみ入手可能になるとされています

新世武器の実装と同時に、既存武器と同名の新世武器が実装されていますが、それらの武器は名称の末尾に-NTが付けられ、区別されています。

現在は同名の旧式、新世両方が存在する武器については、旧式武器がドロップしなくなり、代わりに同名の新世武器に置き換わっています。

また、同名の新世武器は攻撃力や潜在能力、装備に必要なステータスなどが旧式武器から変更されているものがあります。

新世武器の強化について

新世武器の強化は、旧式武器では分割されていた

・武器の強化

・潜在能力

・属性強化

の3種類が一本化されています。

武器の強化

強化値は旧式武器が最大で+10だったのに対して、新世武器は最大で+35まで強化が可能になっています。

+35まで強化が可能になりましたが、旧式武器と+1あたりの攻撃力の増加量が減っているため、実際の攻撃力は旧式武器の+10と新世武器の+35でほぼ同レベルになっています。

また、旧式武器の強化に存在した、強化の失敗や強化値の減少も無くなっています。

新世武器が取得した段階では+30までしか強化出来ません。+31〜35の強化を可能にするためには、「オーバーリミット」という操作が必要になります。

オーバーリミットは、強化したい武器と同じ武器(同名の旧式武器は不可)を1つ素材にするたびに強化値の上限が+1されます。

存在能力

 潜在能力の解放も強化から直接出来るように変更されました。

旧式武器は、+10強化後にフォトンスフィアなどのアイテムを使用する事で強化値を初期化する代わりに潜在能力のLvを1上昇させることが出来ました。

新世武器ではこの方法から変更されて、強化値が+10、+20、+30の時点で解放する形になりました。

これにより、以前は潜在Lv3にするため多大なコストがかかっていた分がわずかに軽減されることになりました。

属性強化

 属性強化は、強化時点で同カテゴリ、同レアリティの武器を素材にすることで属性値を強化する事が出来るように変化しました。

属性値の増加量については旧式武器と同様で、同カテゴリ同レアリティで+1、同武器で+10、同武器同属性で素材の属性値をそのまま加算となっています。

全体的な強化の難易度

強化失敗や強化値減少があり、各種アイテムを使うのを怠ると破産一直線のバランスであった旧式武器(参考までに、星12旧式武器は+9→+10時に成功率はおよそ30%、最大リスクは強化値マイナス3)と比較するとかなり下がっています。

そのため、既存ユーザーからするとかなり楽になったという意見が多いですが、強化時のアイテム選択など、仕組みを知らないと損をしやすい仕組みになっているなど、新規ユーザーには難しい点もあるなどの問題が残っています。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

PSO2 新世武器強化のコツ

08874-pso2_thumbnail

新世武器は、旧式武器の強化方法から一新された全く別の強化方法に変更されましたが、仕組みがより複雑化していることもあり、強化の方法をあまり知らない人がやるにはまだまだハードルが高くなっています。

しかし、上手い強化方法を知っていると、本来は非常にコストがかかる星13武器であっても数回の強化で+30にすることが出来るなど、仕組みを知っているか否かで大きく変化します。

新世武器の強化

・素材となる武器の選択(5個まで)
・素材ごとに設定されている強化EXPを武器に蓄積(大成功で蓄積量増加有)
・強化EXPの蓄積量によって強化値が増加

という3ステップに分かれます。

ここで重要なのが、素材となる武器です。新世武器の強化に使う武器はレア度などは関係なく全ての武器を素材にすることが可能ですが、

・エンペ・エンブレイスを持つ武器
・強化済みの新世武器

は、通常の武器よりも強化EXPが多く入ります。エンペ・エンブレイスについては一律で+90の強化EXPボーナスが付きます。強化済みの新世武器は、その武器に蓄積されている強化EXPの半分が強化EXPとして追加されます。

そのため、あらかじめ強化値の高い新世武器を用意しておくことで、ローコストで強化することが出来ます。また、強化は大成功時に強化EXPの蓄積量が1.5倍になります。

強化の大成功は確率で発生する他、スクラッチなどで大成功率が上昇するアイテムや確実に大成功になるアイテムなども存在します。

これらのアイテムの値段ではアイテムを利用することで更にコストを減らすことも可能です。

注意したい点

強化値+10、+20、+30になると潜在能力を解放しないとそれ以上の強化が出来なくなる点があります。

そのため、素材にする新世武器の強化値を高くし過ぎても宙に浮いてしまい無駄になります。素材を作る際にはその点にも注意出来ると、余計なコストをかけてしまうことがなくなります。

武器の強化とオーバリミット

武器を強化する上で重要なのが属性値ですが、新世武器の場合には同じ武器を素材にするのがオススメです。

というのも同じ武器を素材にすることで、強化値上限を解放するオーバーリミットも同時に行えるためです。

 オーバーリミットは最大で5回行えますが、現在のPSO2では属性値の効果が大きいこともあり、属性値が最大になった時点でオーバーリミットはそれ以上行わない事が多いです。

主な理由として上限値を+35にするためには同名武器が本体を含めて6本必要な点があります。

コレクトファイルの属性20の武器でも6本あれば属性別に2本、ドロップ品などで属性値が30あれば、属性最大で3本作れます。

+35まで上げることによる攻撃力の増加よりも、弱点属性をついた攻撃のほうがはるかにダメージが高くなることもあり強化値は+31〜32程度が一般的になっています。

PSO2 新世武器のデメリット

新世武器は、強化方法の変更や、同時期に実装されたコレクトファイルにより入手も安定しているため、強化値、属性値などを上げることがかなり楽になりましたが、旧式武器で出来ていたことが出来なくなっていることもあります。

そのため、完全にメリットのみというわけではないのが現在の状況です。

新世武器の代表的なデメリット

・仕組みを知らないと損をする
・潜在能力の1止めや強化値最大、潜在無しといったことが出来ない
・旧式武器の強化補助アイテムは一切使えない

などがあります。普通に新世武器を装備する際には困るのは1つめの「仕組みを知らないと強化で大損をする」点です。

強化済みの新世武器を使用する事で経験値を多く得られる点や、同名の武器で強化EXPにボーナスが付く点などを理解していないと、強化に使う素材を作る時点で損をすることになります。

また、強化と潜在能力開放が一本化されているため、潜在能力をLv1で止めておいたり、潜在無しで攻撃力のみを実用レベルまで上げるという事が出来なくなっています。

潜在能力を解放しない事自体が珍しいため、旧式武器で可能だった

「ハイリスクハイリターンな潜在能力の場合に、+10強化のみで潜在は解放せずにやめておく」
「とりあえず潜在Lv1で使ってみてから強化するから考える」

という事が出来なくなっています。

 現在はまだ、致命的なマイナス効果を持った潜在能力は「機装の証」程度で他の潜在はどれも有用なため、あまり目立っていませんが、今後強力なプラス効果の代わりにマイナス効果も併せ持った潜在が登場した際などには、悩みどころになる可能性があります。

 これは直接的な新世武器のデメリットではありませんが、新世武器は強化方法が一新されたため、旧式武器で使用していた強化成功率増加や強化リスク軽減、強化スキップといったアイテムが使用できません。

そのため、新しい強化補助アイテムが登場したことにより倉庫が更に圧迫されることになっています。

まとめ

 新世武器にも以上のようなデメリットこそありますが、全体的な強さで言えば十分一線級、更に強化のしやすさと入手性の高さもあり非常に優秀です。

単純な武器のスペックはオフスオービットスカルといった旧式武器の最強格にはまだまだ及ばないものの今後を考えると、上記の最強クラスの旧式武器を持っているユーザーも新世武器を使えるだけの準備程度はしておいた方がいいかもしれません。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社