QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 潜在能力の仕組み

潜在能力は、武器の強化方法の一つです。潜在能力は以下のような仕組みになっています。

取得してすぐには解放できない

特定の条件を満たして初めて解放できるようになる

解放にはアイテムが必要

潜在能力はLv1〜3の3段階が存在する

潜在能力解放は失敗しない

などの特徴があります。

取得してすぐには解放できない

 潜在能力は武器を取得した直後の状態では解放できず、旧式武器、新世武器ともに特定の条件を満たしたときに解放することが出来るようになります。

また、潜在能力を解放するためには特定の消費アイテムが必要になり、強力な潜在能力の場合にはより上位のアイテムが必要になります。

特定の条件を満たして初めて解放

 潜在能力は解放時点ではLv1ですが、再び潜在能力を解放する条件を満たすことで潜在能力のLvを上げることができ、最大でLv3まで強化することが出来ます。

Lvを上げることで効果が強力になりますが、潜在能力によってはLv1とLv3であまり効果に差がないものもあり、そういった場合にはあえて潜在Lv1で止めておき強化コストを安く済ませる方法もあります(旧式武器のみ可能)。

旧式武器の存在解放

 旧式武器では強化値を+10にすることで潜在能力を解放することが出来るようになり、潜在能力を解放すると強化値を0に戻す代わりに、潜在能力のLvが1つ上がります。

強化値が0に戻ってしまうため、潜在Lv3の強化値+10の武器を用意するためには最低でも40回の強化をする必要があります。

また、旧式武器には強化の失敗と強化値の減少があるため、実際に必要な強化回数は1.5倍〜3倍の60〜120回程度になります。

新世武器の存在解放

新世武器の場合には、強化値が+10でLv1、+20でLv2、+30でLv3を解放することが出来るようになります。

旧式武器と違い、潜在能力を解放しても強化値が初期化されて0に戻ることはありません。

また、それぞれの強化値で潜在能力が解放可能になった時は、潜在能力を解放しないと、それ以降の強化が出来なくなります。例として、強化値+10で潜在能力解放のLv1を済ませなければ強化値+11以降の強化をすることはできません。

旧式と先生武器の違い

 旧式武器は強化難易度も高く強化値+10にして属性値を最大まで強化することで十分な攻撃力になります。

そのため、旧式武器の潜在能力開放はどちらかというとエンドコンテンツのような立ち位置になっており、必ずしも必須というものではありません(あるに越したことはありませんが)。

 それに対して新世武器は強化値+1あたりの攻撃力の増加量が少なく、旧式武器の+10と新世武器の+35がほぼ同値であることなどから、潜在能力の解放が実質的には必須になるなど、潜在能力の扱いも旧式武器と新世武器で異なっています。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

PSO2 潜在能力にはどんなものがある?

08873-pso2_thumbnail

潜在能力には様々な効果があります。単純な物から複雑なものまでかなりの種類があり、強力な物の中には星12武器でありながら、攻撃力が数段高い星13武器に迫るもの、追い抜くものも存在します。

 在能力は、おおまかに以下のようなものが存在します。

単純にキャラクターの強化するもの
クラススキルを強化するもの
特定のPAやテクニックの性能を上昇させるもの
特定の種族に対して効果があるもの
フィールドの天候によってダメージが増加するもの

などに分けられます。

単純にキャラクターの強化するもの

 単純にキャラクターを強化する潜在能力は、潜在能力が発動する前提となる条件が緩く設定されているものが多く、発動しやすいのが特徴です。

その代わりに効果自体は控えめに設定されているものが多いですが、上位の武器に設定されている潜在能力の中には一つの潜在で複数の効果を同時に持つものも存在します。

平凡な物から強力な物まで種類が多いため選択肢が多く、安定感が高いこともあり、採用されることが多いタイプです。

 代表的な物では威力をわずかに減少させる代わりに消費PPを30%減少させる「仄めく燐光」などはPA、テクニックともに相性がいいことから人気の高い強力な潜在能力です。

クラススキルを強化するもの

 クラススキルを強化するものは、発動条件に特定のクラススキルを取得、使用していることが条件になります。

効果自体は単純にスキルを強化するもの以外にも、スキル使用時に「そのスキルの弱い点を補助する」効果を持つものもあります。

特定のPAや種族のテクニック性能を上昇

 特定のPAやテクニックの性能を上昇させる潜在能力と特定の種族に対して効果を持つ潜在能力は効果の対象となる対象の範囲が狭い分、効果も強力になっています。

逆に効果対象以外には効果が全くないため、使用用途を絞った装備などにおすすめの潜在能力です。

 特にテクニック関係の潜在能力は、PA強化系の潜在と違い、属性単位で効果があるため、使用するテクニックの属性と関係するようになったフォース用の武器との相性が良好です。

フィールドの天候に左右される潜在

・各フィールドの天候によって効果がリアルタイムに増減するもの
・晴れ状態の時のみに効果が発動するもの

の2種類が存在します。前者は最低倍率でも+10%、最高倍率では+40%と効果自体は強力ですが、天候変化は運が絡む上、これらの潜在を設定されている武器は性能が控えめなことが多いため、実際の与ダメージは控えめなことが多いという弱点があります。

後者の潜在能力は「大日霊貴」のみが該当します。効果自体は+12%と少し控えめですが、効果の対象が最も発生する可能性が高い「晴れ」であるため発動しやすいのが特徴です。

 また、これらの潜在能力以外に特定のクエストでのみ効果を発揮する潜在能力や、取得経験値量増加、取得メセタ増加といった特殊な潜在能力を持った武器がイベントで配布されたことがあります。

PSO2 潜在能力の種類

 潜在能力には、いくつかの種類があり解放するために必要なアイテムが変わります。
現在実装されている潜在能力は、大きく分けて

通常の潜在能力
上位の潜在能力
ウェポノイド潜在ええ

の3種類に分けられます。

通常の潜在能力

そのままの意味で大半の武器に設定されている潜在能力です。基本的には解放、Lv上昇には「フォトンスフィア」が必要になります。

解放に必要な個数は、Lv1が3個、以降はLvが増えるごとに1個ずつ必要個数が増えます(Lv3解放までに合計12個)。

 例外として、星6以下の新世武器に設定されている潜在「新世の理」のみ解放に必要なアイテムが下位アイテムの「フォトンドロップ」になっている他、解放に必要な個数も、Lv1で1個、以降はLvが増えるごとに1個ずつ必要個数が増えています(Lv3解放までに合計6個)。

 また、旧式武器の一部には通常の潜在能力は2種類設定されており、どちらか好きな方から選択できる武器もあります。

選択後も再び+10まで強化し潜在能力解放を選択しもう片方の潜在能力に変更することも可能ですが、この場合、潜在能力のLvはリセットされ1からになります。

また、潜在AのLv3から潜在BのLv1に変更した後、再び潜在Aに戻した場合、再びLv1から上げることになるため潜在能力を変更する際には注意は必要です。

上位の潜在能力

通常の潜在能力とは別に設定されている潜在能力です。一部の武器にのみ設定されており、解放にはレアアイテム「フォトンブースター」が必要になります。

必要個数は通常の潜在能力と同様にLv1で3個、以降はLvが上がるごとに1個ずつ増加します。

解放にかかるコストが非常に高い代わりに強力な効果を持つものが多いという特徴があります。

正式な名称については明言されたことがないため、ユーザー間では「隠し潜在」「ブースター潜在」「PB潜在」などと呼ばれます。

代表的な物

ツインダガーのラヴィス=ブレイドに設定されている上位の潜在能力「勇猛正対の型」は、ブレイブスタンス中正面からのダメージを23%上昇させる効果があります。

ブレイブスタンス中にダメージが増加する潜在は他に「正対の型(6%上昇)」や「炎獄(14%上昇)」などがありますが、勇猛正対の型は潜在Lv1の時点で+18%と炎獄のLv3よりも強力な数値が設定されています。

ウェポノイド潜在

現在は極一部の武器にのみ実装されている潜在能力です。PSO2esなどで入手できるアイテム「ウェポノイドブースター」を使用する事が解放できます。

解放に必要な個数はLv1では1個、以降は段階が上がるごとに2個ずつ増加し、Lv3では5個必要になります。

効果自体は個性的な物が多く、既存の潜在能力よりも強力なものもあるものの、武器カテゴリと合わない潜在であったり、武器そのものの性能が低いことから採用率は他の2種類の潜在能力と比べて低くなっています。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社