QムービーTOP > アニメ > ワンピース

王下七武海とは?

世界政府によって公認を受けた7人の海賊を指します。名称は単に「七武海」と略称されることもありました。

海軍本部、四皇と共に偉大なる航路(グランドライン)の三大勢力といわれています。

七武海に加入するメリット

加入したメンバーは利益の数割を政府に納める代わりに、「敵船拿捕許可状」を得ることができます。

これを持っていると未開の地や海賊からの略奪行為が特別に許可されるのです。

七武海に加盟した時点で、政府から懸けられていた指名手配は取り下げられます。本人だけでなく、部下の海賊へも恩赦があたえられるのです。

七武海を脱退し、再び海賊に戻れば、新たに指名手配され懸賞金が懸け直されます。

海賊という立場でありながらも、政府の下につく存在です。多くの海賊からは「政府の狗」などと疎まれています。

多くのメンバーは政府の指示に従わず思い思いの活動をしており、協力関係は名ばかりなものとなっています。

こうした状態をみた海軍内の藤虎やスモーカーは七武海の存在そのものを危険視していました。

七武海のメンバーが何らかの不祥事を起こしたとき、政府は隠蔽しようと画策します。

メンバーの選定基準

「強さ」と「知名度」です。他の海賊を恐れさせ抑止力となる効果が求められています。

欠員ができた場合は、あらたにメンバーを選び後任とする伝統です。政府からスカウトをする場合と、自薦を認める場合とがあります。

王下七武海 の旧メンバー

08853-one_piece_thumbnail

物語当初は次のメンバーで構成されていました。

・ジュラキュール
・ミホーク
・ドンキホーテ・ドフラミンゴ
・サー・クロコダイル
・バーソロミュー・くま
・ゲッコー・モリア
・ボア・ハンコック
・ジンベエ

以上の七人です。アラバスタ編でルフィと対立し敗北したクロコダイルは七武海の資格を失います。

その後任として黒ひげことマーシャル・D・ティーチが選ばれました。

魚人海賊団船長であるジンベエは、政府が要請した白ひげ海賊団との抗争を拒否し、インペルダウンへと収監されることになります。

その後ルフィと共に脱獄し、正式に脱退を宣言しました。黒ひげティーチも、白ひげから能力を奪うという目的を遂げ、七武海から抜けました。

スリラーバーク編でルフィに敗北したゲッコー・モリアはマリンフォード頂上戦争後に除名されています。

マリンフォード海軍本部にて白ひげ海賊団を迎え討った際には、政府からの要請により5人が参戦。

さらにインペルダウンからクロコダイルとジンベエ、黒ひげが飛び入りし、七武海の経歴を持つ海賊が8人もそろう事態となりました。

七武海は史実上の「私掠船(プライベーティア)」をモチーフのひとつにしています。

現王下七武海のメンバー

ジュラキュール・ミホーク

通称「鷹の目のミホーク」

元懸賞金額は不明です。通称の由来は、その目つきが鷹のように鋭いことからきています。

西洋騎士風のルックスをしており、口ひげを整え、羽飾りのついた帽子をかぶるなど、伊達男な一面があります。

十字架を模した巨大な愛刀は最上大業物12工の一本である黒刀「夜」です。

作中の刀は最上大業物、大業物、良業物、業物、その他一般の刀、以上の5区分に分かれておりミホークの一振りは最上級に属しています。刃文は乱刃重花丁子、世界最強の黒刀です。

本人の力量もあいまって、ガレオン船や、見渡す限りの氷山も一刀両断に切り伏せます。
迫り来る銃弾を刃で受け流すなど、細やかな技にも秀でています。

海賊王ゴールド・ロジャーの処刑現場を見ていたひとりであり、当時は黒刀も所持しておりませんでした。

シャンクスはかつてのライバル

四皇のひとりに数えられる赤髪のシャンクスとはかつてライバルの関係にありました。幾度の決闘をかさねても決着がつかずその戦いぶりは伝説的と語られています。

ルフィとの一件でシャンクスが片腕をなくしてからは、決闘することがなくなりました。

交流がなくなったわけではないようで、ルフィの活躍を知らせに行き酒を飲み交わすさまも描かれています。

劇中の活躍

劇中では、ドン・クリークの海賊艦隊50隻をわずか一人で壊滅させてしまいます。その際にレストラン「バラティエ」にて、ロロノア・ゾロと出会うことになります。

ミホークから見れば、ゾロですら「弱き者」の一人でしかありませんでした。黒刀をつかうことなく、首にさげていたミニチュアの刀でゾロの技を破ります。

戦闘をとおしてゾロの精神に感じ入るところがあり、黒刀を抜くに至りました。ゾロの奥義である「三千世界」を一太刀にて切り伏せゾロを倒します。

バラティエでの戦いの後は、ゾロ及び麦わらの一味へ興味を示す描写がなされています。

七武海の中では特に一匹狼な性格だと思われているようで、会議にあらわれたときは周囲から驚かれていました。

マリンフォード頂上決戦

戦闘では、白ひげ海賊団へ向かって先制攻撃をしかけました。このときは三番隊隊長のダイヤモンド・ジョズに防がれています。

ルフィと対峙したときには、ルフィの「ギア2」にも難なく対応していました。決着がつくまえに助太刀にきた五番隊隊長の花剣のビスタに割り込まれてルフィを逃します。

戦争の終盤にシャンクスが現れたところで、ミホークは真っ先にその場を去りました。

その後、シッケアール王国にてゾロと再会し、頼み込まれた末に剣を教えることになります。

バーソロミュー・くま

元懸賞金額2億9600万ベリーの海賊です。「ニキュニキュの実」を食べた能力者でもあります。

くまの耳をつけた帽子をかぶり、聖書を抱えた男です。大っぴらに感情をあらわすことがない無口な性格をしています。

元革命軍のメンバー

かつてはモンキー・D・ドラゴンやイワンコフと共に革命軍に参加していました。基本的に政府の指図はうけない七武海の中でも、政府の意向に従う存在です。

クロコダイルがルフィに敗れた後、自ら政府の実験台として人間兵器パシフィスタになりました。

劇中での活躍

スリラーバーク編ではゲッコー・モリアが倒された後、麦わらの一味の前に姿をあらわします。死闘を終えたばかりで疲労困憊のルフィたちを次々と窮地へ追い込みました。

政府からは、ゲッコー・モリアを倒した人物や目撃者たちをすべて抹殺するように命令を受けていましたが、ゾロとの取り引きにより、生命を奪うことなく帰っていきました。

シャボンディ諸島には、大将黄猿に追い詰められていたルフィたちを逃がすことに協力します。その真意は未だ 不明です。

王下七武海としては、マリンフォード頂上戦争にも参加していました。

ボア・ハンコック

元懸賞金額8000万ベリーの海賊です。「メロメロの実」を食べた能力者です。王下七武海では唯一の女性海賊で、通称「海賊女帝」と呼ばれています。

世界一の美女といわれる美貌をたたえており、あらゆる人間を魅了する存在です。過去に世界貴族の奴隷となっていた経験があり、背中には奴隷の証である焼き印が刻みつけられています。

湯浴み中にルフィに背中の紋章を見られたことで、怒りをあらわにしました。しかし後に、部下との戦いをとおしたルフィの器の深さに惚れて恋心を抱くようになります。

ルフィはハンコックの美貌による色仕掛けが通用しなかった初めての男性でもありました。

他の七武海と同じく、マリンフォード頂上戦争にも参加しております。

このときはルフィを守るためにスモーカーを攻撃したり、パシフィスタを破壊するなど反政府的な活躍が目立ちました。

バギー

元懸賞金額1500万ベリーの海賊です。「バラバラの実」の能力者です。

少年期はゴールド・ロジャーの率いる海賊団に見習いとして所属していました。赤髪のシャンクスとはこのころの同僚でした。

手に入れたバラバラの実と宝の地図を売り払おうと企んでいたときに、シャンクスから話しかけられたことで、誤ってバラバラの実を食べてしまいます。

宝の地図も海へ落としてしまい、未だにシャンクスを逆恨みしています。

東の海で「道化のバギー」として海賊活動にいそしんでいましたが、ルフィと対立し敗北します。

ローグタウンにてルフィへ復讐をしようと画策しますがこちらにも失敗します。ルフィを追って偉大なる航路に突入しますが、誤って海軍の駐屯所に入りこんでしまい逮捕されてしまいます。

インペルダウンのLEVEL1に収監されていましたが、ルフィが乗り込んできたドサクサに脱出します。

なりゆきでマリンフォード頂上戦争にも参戦することになりました。

終戦後は王下七武海に所属しつつ、海賊派遣会社の「バギーズデリバリー」を経営しています。

エドワード・ウィーブル

元懸賞金額4億8000万ベリーの海賊です。マリンフォード頂上戦争にて死亡した白ひげの息子を自称しています。

見た目は口ひげをのぞいて、白ひげエドワード・ニューゲートとは似ても似つかないため、真偽が疑われています。

しかしながら白ひげの傘下にあった海賊団の残党を次々と撃破していく戦闘力は本物のようです。

海軍大将の黄猿からも強さだけは若いころの白ひげを思わせると評されています。つかっている武器も白ひげと同じく薙刀です。

ルフィがドフラミンゴを倒したことを聞き、麦わらの一味へ興味を抱きます。

元王下七武海のメンバー

サー・クロコダイル

元懸賞金8100ベリーの海賊です。「スナスナの実」を食べた能力者です。

秘密犯罪結社「バロックワークス」のトップを務めており、コードネーム「Mr.0(ミスターゼロ)」の名で呼ばれていました。

顔面に大きな傷を残したスカーフェイスと、フック状になった左手の義手が特徴的です。いつも豪奢なコートを羽織っており、葉巻を加えています。

冷血かつ独善的な性格で、自らの部下でも用済みとなれば切り捨てます。自らの野望を達成するためには手段を選ばない策略家でもあります。

懸賞金の8100万ベリーは七武海に加盟する前に懸けられていたもので、バロックワークスが秘密裏に働いていた悪事を加算すると二倍以上にもなるといわれています。

海賊王ゴールド・ロジャーの処刑を現場で見ていた者の一人です。

イワンコフとはルーキー時代から面識があり、何らかの弱みを握られているそうです。白ひげとは一度戦って敗北した過去を持っています。

アラバスタ王国編

アラバスタ王国の一件では、自ら紛争を引き起こし、それを救うことで民衆の英雄となっていました。

いずれはアラバスタの王になることでポーネグリフを解析し「古代兵器プルトン」を手中に収めようとしていました。

ルフィとの戦闘では二度も勝利を収めています。スナスナの実の弱点が水にあると見ぬかれながらも三度目の死闘を繰り広げます。

血みどろになったルフィの「ゴムゴムの暴風雨」を受けてついに倒れました。

敗れたあとは、バロックワークスをつかって働いていた悪事がすべて政府に知られることとなります。七武海の立場を亡くし、大監獄インペルダウンへ収監されました。

インペルダウン

インペルダウンのLEVEL6にて、エースやジンベエと共に白ひげ海賊団の動きを知ります。

乗り込んできたルフィへ、脱出までの協力を条件に取り引きを持ちかけて牢から脱出します。

終戦後は部下とともに再び新世界入りを画策していました。

ゲッコー・モリア

元懸賞金額3億2000万ベリーの海賊です。「カゲカゲの実」を食べた能力者です。

身長が692cmもあり、悪魔のような角を生やした人間離れしている姿が特徴です。

性格は狡猾かつ冷酷で「他力本願」をモットーに他者を利用して海賊王の座を狙っています。

スリラーバークでは麦わらの一味と対立し、一時は壊滅寸前まで追い込みます。最後はルフィとの戦いに敗れましたが、その事実は政府によって隠蔽されています。

マリンフォード頂上決戦後は七武海から除名されてしまいました。

ジンベエ

元懸賞金額2億5000万ベリーの海賊です。魚人海賊団を率いるジンベエザメの魚人です。

地位や名声よりも自らの仁義を大切にする義侠心にあふれた性格をしています。海賊が嫌いなことで知られていますが、白ひげにだけは過去に魚人島を守ってもらったことがあるため、一定の敬意を示しています。

大監獄インペルダウンに収監されていたところ、ルフィと共に脱出することになりました。
マリンフォード頂上決戦では、赤犬に追撃されるルフィを守って逃がすことに協力します。

魚人空手の使い手であり、海中で敵うものは少ない強力な存在です。

マーシャル・D・ティーチ

懸賞金額は不明となっています。「ヤミヤミの実」を食べた能力者です。

通称「黒ひげ」と呼ばれる海賊です。樽のようにつきだした腹と黒いあごひげが特徴的です。

初期は白シャツにバンダナと簡素な格好でしたが、地位が上がるにつれて身に付ける宝飾品が増えていきました。

シャンクスの左目に傷をつけたことや、白ひげ海賊団の団員を殺して実を奪ったことからその存在を危険視されています。

マリンフォード頂上決戦では白ひげを殺し、遺体から「グラグラの実」の能力を奪っています。

目的を遂げて王下七武海を脱退したあとは四皇の一人に名を連ねています。

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

元懸賞金額3億4000万ベリーの海賊です。「イトイトの実」を食べた能力者です。

その名の通りフラミンゴを思わせるド派手なコートをまとっています。常に「フフフフフ」と笑みをたたえていることが特徴です。

「力こそすべて」「勝者こそ正義」という信念を抱いています。海賊王ゴールド・ロジャーの処刑を見ていた海賊の一人です。

部下を多く率いており、ルフィと戦ったベラミー海賊団などもふくまれます。シャボンディ諸島では人身売買をはじめとした悪どい興行に手を染めていました。

マリンフォード頂上戦争では、政府の招集に応じてあらわれます。戦闘中のクロコダイルに同盟を提案しましたが一蹴されてしまいました。

ドレスローザでは「ギア4」を発動させたルフィと死闘を演じます。最後には敗北し、海軍によって大監獄インペルダウンへ収監されることとなりました。

トラファルガー・D・ワーテル・ロー

王下七武海の加盟時は元懸賞金額が4億4000万ベリーの海賊でした。

除名後に5億ベリーに上昇しています。「オペオペの実」を食べた能力者です。

ハートの海賊団船長をつとめる通称「死の外科医」と呼ばれる超新星の一人です。痩せた長身で目には隈をつくっています。

愛刀は妖刀の鬼哭ですが、あまり戦闘には用いられませんでした。

かつてはドンキホーテ・ドフラミンゴのファミリーに所属しており、そこで恩人を殺されたことから、ドフラミンゴに復讐を誓っていました。

ドレスローザではルフィと共闘してドフラミンゴを討ち倒し念願叶えることになりました。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社