QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 種族の違い~見た目以外に何があるの?~

PSO2の種族

現在「ヒューマン」「ニューマン」「キャスト」「デューマン」の4種族が実装されています。(残念ながらビースト実装の可能性はほぼ無いとのこと…。)

PSO2では一度決めた種族と性別は変更することが出来ません。なのでキャラクターを作る時に慎重に選ぶ必要があるわけですね。

そこで、どのような差があり、どのような基準での選び方があるのかを考えてみたいと思います。

これまでのファンタシースターシリーズをプレイされた事がある方は特に考えると思いますが、種族には見た目以外にまず能力差があります。

しかし今作ではその差は誤差の範囲内であると言われています。旧作では「このクラスをやるならばこの種族じゃないと不利」のような考え方がありましたが、PSO2では比較的好みで種族を選べるようになったと言えると思います。

少なくとも好みを捨ててまでして得たい程の恩恵は無いと考えても良いのではないでしょうか。とは言え確実に「差」はあります。

初めての方などは種族のイメージを掴むためにも、これらの差をある程度把握しておくのも良いかもしれません。

PSO2 種族別キャラクリの違い

08733-pso2_thumbnail

PSO2はキャラクリ(キャラクタークリエイト)に自由度があるため、一見すると種族は関係ない見た目にすることが可能です。

なので基本的にはご自身のキャラクター設定を重視した種族選びで良いかと思います。ここでは各種族のスタンダードな見た目の特徴と、キャラクリにおける差をご紹介したいと思います。

ヒューマン男女

「人間の見た目」と思って頂ければ良いと思います。

豊富な編集項目とコスチュームで思い通りのキャラクターを作ることが出来ます。このヒューマンを基準として、以下種族の差を比較します。

ニューマン男女

ほぼヒューマンと一緒です。尖った耳が特徴です。

キャラクリの「顔バリエーション選択」はヒューマンのものを基準とし、それぞれに「耳が短い・長い」のパターンが用意されています。

こだわり編集で自由にはなりますが、それぞれを極端に短く(長く)しても近い見た目にはならないくらいの差があります。

キャスト男

ロボットのような見た目が特徴です。ヒューマンとはガラリと変わります。キャストはヘッド・ボディ・アーム・レッグのパーツから構成されており、それぞれを選ぶことになります。

まずは「顔バリエーション」でヘッドパーツもしくは人型の顔の種類を選びます。ここで人型を選ばない限り、人体部分の編集はありません。どれかのパーツと、パーツのカラーを選んで終了です。

人型の顔を選んだ場合、ヒューマン同様細部の編集が出来ます。この場合「ヘッドパーツ選択」で髪型を選ぶことになります。

ヒューマンとの違いは「目、肌カラー、メイクパターン」です。目は機械テイストの2パターン×瞳の大きさです。肌カラーは全色から選ぶことが可能です。

肌色以外の肌に出来るのはキャストの大きな特徴と言えます。メイクパターンは「ラインタイプ」という、「パーツの継ぎ目」のような模様を選ぶことが出来ます。

ボイスは、ヒューマンのものにエコーがかかり、機械音声のようになります。ボディペイントと筋肉量は初回キャラクリ時には選択出来ません。

ゲーム開始後、キャスト対応「コスチューム」を着る(ボディパーツ扱いになります)ことで選択出来るようになります。

キャストを選ぶ大きな要因はやはり「パーツ」です。洋服のシステムが根幹から異なるため、キャストだけのコーディネートを楽しむことが出来ます。

数は多くないですが、キャスト対応コスチュームで完全に人型を装うことも可能です。逆にキャストを装うコスチューム(ルックス)もありますが、パーツ毎に違う物を選べるのはキャストだけです。

しかしそれ故に最低限のアイテム所持数が多くなるという点もあります。

キャスト女

基本は男と同じです。顔のタイプが人型のみになる点と、体がパーツの場合でも肌部分が存在するという点で男キャストと異なります。

男と違い、「ヘッドパーツ選択」でヘッドパーツ(機械の髪型)と髪型から選ぶことになります。また、「肌カラー設定」は無く、「サブカラー設定2」が肌カラーにも適応されます。

デューマン

基本はヒューマンと一緒です。ツノとオッドアイが特徴です。デューマン専用の瞳パターンを持っており、カラーを左右別々に設定することが出来ます。ツノは消すことは出来ませんが、最少にすることによってほとんどの髪型で隠れる形にすることも可能です。

肌カラーのパレットがヒューマンと異なっており、不健康そうなカラー領域がメインになっています。また、デューマン専用のボディペイント「デューマンスキン」が選択出来ます。

PSO2 種族別の能力の違い

次に、クエストのプレイに直接関わる能力の差についても少し比較してみたいと思います。

種族の説明書きを参考にしてみると、「ヒューマン・バランス」「ニューマン・フォトン強い」「キャスト・強靭」「デューマン・攻撃型」のようなイメージになりますね。

では実際どのような能力値差になるのでしょうか。ステータスに関しては、種族に加えそれぞれ男女でも差があります。最初にも述べたように数値的には誤差程度であるとも言えますが、一応各項目毎にベスト・ワーストで比較してみましょう。

種族の能力比較

HP】ベストはキャスト男、ヒューマンは高め、デューマンは低め、ワーストはニューマン女です。

打撃力】ベストはデューマン男、そこから差は少なくデューマン女、キャスト男、キャスト女・ヒューマン男、そしてワーストはヒューマン女・ニューマン男女です。

射撃力】ベストはキャスト女・デューマン女、ワーストはニューマン男女です。この項目は高低差がほとんどありません。

法撃力】ベストはニューマン女、ニューマン男、少し離れてデューマン男女、ヒューマン女、少し離れてヒューマン男、更に離れてワーストはキャスト男女です。ここはダントツでニューマンが高い数値を誇っています。

技量】あまり変わりません。キャストが高め、ニューマンが低めです。

打撃防御】ヒューマン男・キャスト男が高い以外、ほぼ変わりません。

射撃防御】ニューマン男・キャスト女が高い以外、ほぼ変わりません。

法撃防御】ベストはヒューマン女・ニューマン女、離れてヒューマン男・ニューマン男・デューマン男女、離れてワーストはキャスト男女です。

こうして見てみるとやはりベスト・ワーストにあまり名前が挙がらないヒューマンは平均型と言えるようですね。ニューマンは全種族の中で唯一ダントツのベスト法撃を持つ代わりに、ワーストが多いです。

将来的に大きな差になる?

これらの差は、「割合」としてステータスに関わってきます。

今はまだ誤差と言われていますが、将来レベルキャップ(レベル上限)がどんどん上がるなんていうことになれば、最終的な能力値差が大きくなることも考えられます。(そうなったら割合自体修正される可能性もありますが。)

特定の種族・クラスで地雷などという概念が生まれないようこのような仕様になったのだと思いますので、好きな種族を選べる方が個人的には嬉しいです。

とは言えやはり「魔法種族っぽいからニューマン好き!」という感覚も大事ですよね。この「差をイメージとして」種族選びの参考にして頂けたらと思います。

また、どんな戦闘スタイルでプレイしたいかがはっきり決まっている場合等も、この差を考慮してキャラクターを作るとより楽しめるかもしれません。

PSO2 種族の設定上の特徴

最後に、PSO2の世界観の中で各種族がどのような位置付けなのか考えてみましょう。PSO2のゲーム内では、種族の成り立ちについてはあまり深く触れられていません。

会話中に明かされている設定も多くあるので、もしかしたら今後のストーリーで掘り下げられる可能性もあるのかもしれませんね。

ここから先はストーリーのネタバレあり

キャラクターとしては上記の4種族ですが、ストーリー上ではその他の種族も存在します。

創造主「フォトナー」

特に4種族の誕生の原点となる「フォトナー」は重要な種族と言えるでしょう。プレイヤーキャラクターにとって、フォトナーは所謂「創造主」です。

フォトナーはまず「ヒューマン」を創りました。元々は原型の種族があったらしいですが、フォトナーの創造物と言えるでしょう。ヒューマンを改良して誕生したのがニューマンです。

設定がややこしいキャストとデューマン

まずキャストは「強過ぎるフォトンを持って生まれたヒューマン・ニューマンが、その力に耐えられない生身を補強するために機械の体になったもの」とされています。

種族というよりサイボーグですね。それがいつの間にか「いち種族」として確率したようです。

そしてどうやらどういう仕組みでか、先天的なキャストも存在する可能性が示唆されているというのです。デューマンは「歴史の改変(マターボード)によって出現した謎の遺伝子をヒューマンに掛け合せた種族」とされています。

こちらは逆に後天的(?)なデューマンが存在しています。改良種なのか、改造なのか、突然変異なのか、いつか詳しく説明される日がくるのでしょうか?

また、デューマンは実装的に後から誕生した種族なのでこのような説明順になっていますが、デューマンからのキャストというのもあり得るのでしょうか?キャストからのデューマンは?「まぁその辺は適当に」というのもアリですが。

自分のキャラクターにオリジナルの設定を付けて作ると楽しいものですが、種族の設定に関してもその余地があると考えるとこのまま「適当に」でも良い気がしますね。

地球人は・・・何?

このように改めて成り立ちを考えてみると、エピソード4で登場する地球人キャラクターは当然「ヒューマン」ではないということになります。

今までに倣うならば「地球原生種」でしょうか。(それか「地球原住民」かな。)それともヒューマンの原型種がここに関係してきたりして。何にせよ色々想像すると楽しいですね。

ちなみにですが、間接的にでもフォトナーが生み出したダークファルスやダーカーも、ヒューマン達の親戚(?)と言えるのでしょうかね…?

思い描いたキャラクターを作り、思い描いたプレイをするためにも、種族選択は重要な要素です。能力だけでなくキャラクリや背景も交えて、種族選びからゲームを楽しんでみて下さい!

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社