QムービーTOP > アニメ > エヴァンゲリオン

惣流・アスカ・ラングレーとは?

惣流・アスカ・ラングレーはエヴァンゲリオンのヒロインの1人である。

作中では主に「アスカ」と呼ばれており、声優のは宮村優子さんが彼女を演じている。

プロフィール

2001年12月4日生まれ、血液型A型、年齢14歳、身長は157センチ。

ドイツ3/4に日本1/4の血が流れているクォーターで国籍はアメリカ。

エヴァンゲリオンのセカンドチルドレンとして幼少期より英才教育を受けており、操縦者として選ばれたのは4歳の時。

流暢な日本語を話しドイツ語も操り、大学も卒業しているという優秀な経歴を持つが実は漢字が苦手。

その為日本語の問題が理解出来ず学校での成績はあまり良くなく、シンジに何故こんな難しい問題が解けるのか?と問われるシーンがある。

性格

性格は非常に勝ち気でエリート意識やプライドが高く、シンジやレイに対して見下したような態度をとったりライバル意識をむき出しにしたりする場面が多い。

特にレイに対してはシンジに対する恋心もあって何かとキツく当たる事が多いのだが、レイの方がさらりとかわす為フラストレーションを溜めているシーンも多く見受けられる。

また、アスカの特徴として強気な態度を取る一方で酷く不安定な一面を持ち合わせており、人に認めて欲しい、認めて貰えない自分には価値がないという強迫観念を心の奥底に持っているため、そこを突かれると非常に脆い。

作品内でのキャラ像

作中の中では序盤から中盤にかけては明るいキャラクターが全面的に出ており、かなりコミカルなシーンが多い。

例えばレイへのライバル意識であったり、加地への恋心にシンジへの恋心、といったような少女らしい一面が多く見受けられる。

こういったアスカの可愛らしいともいえる一面はクールで高慢なアスカの中の「デレ」の部分であり、いわゆる「ツンデレ」的なキャラクターとしてのイメージを持たれている。

漫画版とアニメ版を比較してみると、アニメのアスカの方が派手さや明るさなどの面がより濃く描かれており、漫画版のアスカとアニメでは若干ながら異なった印象を受ける。

しかし、物語が進むにつれて葛藤や自己不安の部分が現れはじめ、最終的には使徒の攻撃により精神崩壊を起こすななど悲惨な経緯を辿っていく事となるアスカ。

アスカの過去

アスカのキャラクターを語る上で重要なポイントとなる、アスカの強さの半面に垣間見える脆さについてだが、これは彼女の過去に原因がある。

アスカが幼少期の頃、彼女の母親はエヴァとの接触事故により精神崩壊を起こし、人形をアスカだと思い込んでいた。

娘であるアスカには目もくれず人形を可愛がるシーンを寂しそうに見つめる幼いアスカのシーンはとても印象的。

自分を見てくれない母親に振り向いて貰おうと必死だったが、母親はアスカがエヴァの操縦士に選ばれた4歳の時に自殺をしてしまう。

そういった過去からアスカは強くなること、自立する事を強く心に思い、またそれを実行することで厳しく自分を律しており、必要とされる自分であらねばならないという枷を己に課している。

加地リョウジに恋心を抱いているのも大人になりたい、という憧れからだと推測され、それは恋に恋しているような状態で本当はシンジに好意を寄せている。

本編では使徒による精神的な攻撃を受けて汚染された事から心を壊してボロボロになっていき、その話の中で母親を必死に求め探すアスカを見る事が出来る。

また、脆い面以外に恋愛に関しては非常に可愛らしい一面が多く、シンジに魅かれて行く事を素直に表現できない不器用さや、シンジに助けられて「バカね」などと照れくさそうに呟いたり、キスしようか、と冗談めいた様子で発破をかけたり、というシーンも見られる。

こういった勇ましく強いアスカの中に垣間見えるそ脆さや可愛さが彼女の大きな魅力に繋がっているのではないだろうか。

エヴァ 登場人物&用語一覧」へ

アスカの名シーン名言

08622-evangelion_thumbnail

アスカといえば!

あんたばかぁ

が有名であり、声優である宮村優子さんの代名詞にまでなった台詞だ。他にも

バカシンジ!

など、高圧的な台詞やコミカルな台詞が多い中で。時にはカッコイイアスカ、不安定なアスカ、可愛らしいアスカ、と数々の名シーンがある。

作中の中から、いくつかの名台詞と名シーンをご紹介させて頂きたい。

これこそ、実戦用に造られた、世界初の、本物のエヴァンゲリオンなのよ

アスカ、行くわよ

2つともアニメ第8話にて。

エヴァを語るアスカは2号機に対してもエリート意識を持っているらしく、ゼロ号機がテストタイプで初号機がプロトタイプであることから、自分の2号機は実践用だと誇張するシーンでまるで自分自身を誇示するかのよう。

続いての「アスカ行くわよ」同じ話の戦闘シーンでの1コマ。自分に言い聞かせるように呟くアスカの引きしまった表情からシリアスな様子が伝わってくるシーンだ。

傷つけられたプライドは10倍にして返してやるのよ

アニメ第9話にて。

シンジと2人でユニゾンを組んで敵を倒す訓練での台詞。敵に無様に敗北したことやシンジとテンポをあわせられずプライドを傷つけられたアスカだったが、シンジと呼吸を合わせ必死に訓練に取り組み、見事作戦を成功させる。転んでもただでは起きない!と言いたげな気の強さが伺えて非常にアスカらしい台詞。

折角やったのに。やだな、ここまでなの。

バカ、無理しちゃって

2つともアニメ第10話にて。アスカが深海に潜む使徒を回収している最中に、眠っていたはずの使徒が復活し繋いでいたケーブルが切れそうになるシーン。

とても静かに

ここまでなの

と呟く様はエヴァに乗ることはについて死を覚悟して乗っているのだろうな、と推測させた。しかし、寸でのところでシンジが助けに入った事でピンチを救われたアスカはそんなシンジに対して、

バカ、無理しちゃって

と続ける。普段は格下に見ていたシンジに対してほんのりと嬉しそうに呟くアスカが可愛らしい。

何も、何もできなかったなんて…あのバカシンジに負けただなんて…くやしい。

アニメ第20話にて。その前のストーリーでシンジがエヴァに乗る事を拒みネルフを離れた時に襲って来た使徒に対し、

シンジなんかいなくても1人でやっつけられるわよ!

と意気込むのだが使徒にやられ何もできずに負けてしまう。

負けられないと強く思っていただけに相当な悔しさがあったのか、ミサトからの電話にも苛立ちを見せ1人散らかった部屋に突っ伏したまま、苦しそうに呟いている。

この辺りからアスカのプライドや保っていた強さは崩れ始め、強気だったアスカが徐々にではあるが失われていってしまう。

汚された…私の心が…加持さん!…汚されちゃった…どうしよう…汚されちゃったよぉ……

アニメ第22話にて。アスカが使徒からの攻撃により精神汚染を受け、自分の幼いころのトラウマを見せつけられた際にまるで助けを求めるように吐き出された言葉。

このストーリーでは全体的に普段のアスカとは対極的な酷く脆い部分が剥き出しになっており、敵対心を露わにしたりヤケになったりとアスカ一色の凝縮された回だ。

このシーンで「加地」の名前を呼んだのは、アスカの頼りたいという心が彼の名前を呼ばせたのか気になる部分である。このストーリー以来アニメでのアスカは、「自分にはもう価値がない」と、自らを貶めてどんどんと自暴自棄になっていってしまう。

ママ、ここにいたのね

アニメ本編には登場せず、漫画及びアニメ本編後に公開された劇場版Airまごころを君に、に収録されているシーンのうちの台詞。

ここはアスカの心の成長には欠かせないシーンであるので本編で語られなかったのはとても残念だ。

本編ではどんどんと落ち込んで行ったアスカだったが、漫画と映画の方では精神崩壊を起こして意識を喪失しており、目を覚まさぬまま二号機に乗せられて保護されていた。

漸く目を覚ました時、二号機の中にいたアスカは助けを求めるように、ママと叫び出す。すると母親の幻影がアスカの目の前に姿を現してそっと頭を撫でる。

その時アスカはずっと求め探していた母親が実は自分の傍にいてくれたのだ、と気が付き奇跡的な復活を遂げる。

これは実は2号機の接触実験によって崩壊した母親の魂が2号機に宿っている事を示唆するものであり、

ママ、ママ、わかったわ。ATフィールドの意味。私を護っていてくれてる!私を見てくれてる!ずっと、ずっと一緒だったのね!ママッ!

という印象的な言葉もアスカは吐き出している。このストーリーで復活を遂げたアスカは非常に勇ましく雄々しい。

生き物は生き物食べて、生きてんのよ。せっかくの命は、全部漏れなく食べ尽くしなさいよ!

これは映画からの台詞でコミカルで彼女らしいものの1つである。食事の最中に肉を食べられないというレイに対して言い放つアスカのキレのある一言。

哲学的な雰囲気も漂うがアスカなりに何かこだわりを持っているのだろうか?漏れなく食べ尽くせと畳み掛けるような言葉のチョイスがとても彼女らしい。

アスカのうんちく集

アスカがつけている「髪留め」は実はEVAシンクロ用のインターフェイスヘッドセットで、非常に強いこだわりを見せている、というのはおそらく有名なネタであろう。

その他、アスカに関する情報をいくつか紹介させて頂こうと思う。

アスカの名前

エヴァの主要人物名前は戦艦の名前が由来となっており、旧日本海軍空母「蒼龍」と米国海軍空母「ラングレー」を組み合わせた名前となっており、これはほかの主要キャラにも同じような由来がある。

またアスカの母親は「惣流キョウツェッペリン」という名前だが実はこれはごろ合わせで、アスカが「明日」キョウコが「今日」と掛けられて言葉遊びになっている。

アスカの出生

出生と父親について漫画版とアニメ版で異なる点があり、漫画版では精子バンクにより生まれていると本人が豪語している。

実は夫婦が子どもに恵まれなかった事から、夫が他の女性との間に子を儲けてしまい、その代償行為として行った不妊治療で設けられているのが本当らしい。

誕生日

アスカの誕生日である12月4日は実は声優の宮村優子さんと同じ誕生日で、他の主要キャラも誕生日が同じキャラクターが何名か存在している。

踏みつけたぬいぐるみ

第22話でアスカが踏みつけたぬいぐるみは、実は宮村優子さんのイラストを元にデザインしている。

髪の色

公式設定では金髪と称されているアスカだが漫画版ではトウジに「茶髪」と呼ばれているシーンがあり、正式にはっきりしていない模様。

アニメ版では着色の関係で茶色として設定されており、新劇場版でも設定はブロンド、となっている。

髪型

また、アスカの髪型は加地を意識して真似られている。アスカの初期設定はソバカスのある素朴な少女で髪も現在の設定よりも大分短かった。

企画段階ではアスカがゲームが好きで趣味としているという設定もあった模様だが、作中ではその趣味は出ていない。

その代わりなのか分からないが新劇場版でクールなアスカが一人でゲームをしているのは実はその設定を引き継いでいる?とも考察出来る。

エヴァ 登場人物&用語一覧」へ

映画のアスカは違うの?式波?眼帯?

2007年より新たに映画化された、序、破、Qのシリーズでは本編とは違った展開が用意されており、アスカの名前は 惣流・アスカ・ラングレーであったはずの名前が映画では式波アスカラングレーと改名されている。

名前の由来は旧名と同じく戦艦から用いており、設定上ではドイツ出身のユーロ空軍のエースで階級は大尉。

改名の理由については新映画を別物として描く為に区別の為に改名されたのでは?という憶測が飛び交うが特別な理由は設定上でも発表されておらず、作中で語られる事は一切ない。

性格の変化

式波バージョンのアスカは惣流であった頃のアスカと随分と性格が変わっており、明るい社交的な性格だったアスカはクールで孤高なキャラとして描かれている。

学校でも不愛想で単独でいる事が多く、周囲に溶け込む様子を見せない。

しかし、戦いに対して心のよりどころにしている、という戦闘に関するプライドのようなものはアニメ版のアスカの要素を継いでいるようにも思え、全くの別人とは考えにくい。まるで同じアスカから何かを取っ払った様だ。

シンジやレイに対して最初はつんけんとした態度を取る所もそのままなのだが、戦いを通す事でシンジやレイと徐々に打ち解けていき、レイにも気遣う様子を見せるシーンがあるなど驚く場面が多い。

劇中で「でも最近、他人といるのもいいなって思う事があったんだ」とミサトに打ち明けるなど、人との付き合いへの考え方がそのものが随分と変わっている様子。

その為、話が進むとアニメ版のアスカよりも素直なキャラクターにも思えてくる。

母親へのトラウマ

また、一番ともいえる大きな違いは、アニメ版アスカの心の闇の根源だったともいえる母親へのトラウマが消えていることである。

過去について新劇場版ではほとんど触れられることがないのだが、トラウマについては設定そのものからなくなっている。

それ故なのか、あんなに大好きだった加地に対しても恋愛感情どころか何も感情を抱いておらず接触さえほとんどといっていい程なくなり、異性として恋を抱く相手がシンジのみになった。

この事から本編の加地への憧れイコール大人として認められたかったという気持ちなのではないか、という考察は非常に濃厚なものになると考えられる。

シンジへの接し方

「バカシンジ」の呼び名は相変わらず顕在なのだが、シンジに対する恋心を隠さなくなった事で、シンジがレイに弁当を渡すシーンがあるのだが、その際には嫉妬心を露わにするなどして必死に押し隠していた健気でツンデレなアスカは好意を露わにする素直なキャラクターへと変わった。

破での最後は使徒との闘いによって浸食され、初号機に使徒として処理される、というアニメ本編で言うところのトウジのシーンと同じような末路をたどる。

生存については確認をされたがその後は姿を現さず謎のままで終わってしまう。

新劇場版「Q」

そして、映画3作品目Qではそこから14年もの月日が経過し、アスカの年齢も28歳になっているのだが、エヴァの呪縛により14歳の外見を保ったままで眼帯をつけての登場となり、ネルフへの対抗組織に属しているという設定だ。

眼帯については謎の部分が多く、破の時の戦いで目に負傷をしていた為、それを隠す為の眼帯だと思われるのだが、そう単純なものでもない様子。

それは作中で青く光っているシーンがあり、裸眼は緑に、眼帯は青く光った事から何か力を封印しているのではないかと考えられる。

しかもこの光るシーンを良く見てみるとアスカの眼帯から漏れている光は、アニメ版で登場していた使徒封印用呪詛文様と非常に酷似している事から、使徒を封印する力を持っているのかもしれないという考察もできる。

作中では2度に渡って光るシーンが見受けられるのだが、詳細については語られないので不明のままになっている。

序、破、Qの後の新作においてアスカの眼帯に秘められた力が発動するのか?など、未公開の新作で是非語って欲しいものである。

エヴァ 登場人物&用語一覧」へ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社