QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 フォースの基本講座〜ステ振りから立ち周りを解説〜

PSO2 初心者向けフォースのすゝめ

基本3クラスのうちの1つ、フォースについて解説していきます。

フォースは高い法撃力と引き換えに耐久力が皆無。

RPGでいう"魔法使い職"というヤツで、常に相手と距離を置きながら遠距離で戦うことを基本としています。

ただし、本体は打たれ弱いものの専用装備のロッドとタリスで『ミラージュエスケープ』という非常に長い無敵時間を持った回避行動が使えるので、危険回避が得意なクラスともいえます。

通常のステップが「基礎0.1秒」の無敵時間なのに対し、ミラージュエスケープは「1秒」近く無敵時間があり、かつある程度任意に移動できるので敵との位置調整も容易です。

ダメージソースはテクニックに依存

必然的にどんどんとPPを消費していくので、PPを切らさないように管理することが重要になってきます。

通常攻撃が貧弱な代わりにテクニックの種類は非常に多彩です。

超広範囲から完全単体用、至近距離から実質無限の射程を持つもの、様々なテクニックが存在しますが、基本的に威力は控えめとなっています。

特に未チャージのテクニックは威力・範囲ともにチャージ時のそれに大きく劣るので、特殊な状況を除いては基本的にチャージテクニックで戦うことになります。

非常に強力な「複合テクニック」も使用できますが、3種類全てにおいて隙が大きいので単独での戦闘は苦手なクラスです。

優秀な回避能力で周囲の状況をしっかりと把握しながら立ち回り、手札の多さを活かした多様な攻めができる点が強みと言えます。

実は、最もお金のかかるクラス

各属性武器、テクニックカスタマイズ、そしてスキルツリー・・・フォースの力を十全に発揮しようと思うとかなりの資産が必要になります。

一定以上の強さを求め始めるとあっという間にお金が溶け始めるので、フォースをメインで頑張ろうという方はその点を十分覚悟しておいてください。

スキルツリーやカスタマイズに関しては後ほど解説していきます。

・「攻略 TOPへ

PSO2 フォースの鉄板スキル振り

08590-pso2_thumbnail

フォースは3種の属性マスタリースキルを備えていますが、残念ながらこれらをすべて取得することはできません。

というかどれか1属性に絞って取得するのが精一杯です。

属性マスタリー以外の必須スキル

・法撃アップ1 Lv:3
・法撃ハイアップ Lv:1
・テックチャージアドバンス1 Lv:10
・テックチャージアドバンス2 Lv:10
・チャージエスケープ Lv:1
・チャージPPリバイバル Lv:1
・テックJAアドバンス Lv:10
・レアマスタリーフォース Lv:1
・タリステックボーナス Lv:5
・エレメントコンバージョン Lv:5
・ロッドキープボーナス Lv:1

基本はこれになります。SPは「合計48」。まず何よりも優先すべきは『チャージPPリバイバル』でしょう。

テクニックのチャージ中でもPP回復が効くようになるフォースの生命線と言えるスキルです。

チャージアドバンスやJAアドバンスはそのあとに取得していきましょう。

エレメントコンバージョン』によってテクニックの属性と武器の属性を合わせると大きなダメージ補正がかかるようになっています。

ですので、基本的には6属性全ての武器が(しかも属性値最大で)必要になります。フォースにお金がかかる要因の一つがこれですね。

フォトンフレア』系のスキルは一見効果量が大きく見えますが、その実高レベルになればなるほど相対的に効果が下がっていくのであまり良いスキルとは言えません。

ここにSPを割くよりもPPアップ系に振っておいた方が自力が上がるので有用かと思います。『ロッドシュート』および『タリスファストスロー』は取得していません。

通常攻撃の感覚が大きく変わるのでオススメできませんし、PP回復目当てでもガンスラッシュに持ち替えて射撃した方が速いです。

あとは上記基本スキル群に加え、選んだ属性のマスタリー2つ分を最大まで取得します。

属性のマスタリー

・炎の場合は『フレイムテックSチャージ
・雷の場合は『ボルトテックPPセイブ

を最大まで取得すれば完成です。

・氷ツリーに限ってはマスタリー以外に取るものが無いので多少SPに余裕ができ、PPアップや法撃ハイアップに多く回せるかと思います。

現状PSO2では、1属性に特化したスキルツリーを3つ用意するのがフォースの基本とされています。

どうしても2つ分はスキルツリー課金が必要になってしまうのがネックですね。

・「攻略 TOPへ

PSO2 フォースのテクニック&カスタマイズ

フォースの戦闘の基本はテクニックの使い分けにあります。

常に同じ属性・同じテクニックばかりを使うのではなく、エネミーに応じた最も有効な属性とテクニックを選んで戦う必要があります。

おすすめテクニック集

約40種全てを紹介すると長くなってしまうので、ここでは一部の有用なテクニックについて紹介するにとどめておきます。

①ラ・フォイエ

初心者から上級者までお世話になり続ける、目標を中心とした爆発を起こすタイプの炎属性テクニックです。

通常視点だとロックオンできるところが限界ですが、肩越し視点を使うと目標からどれだけ距離があろうとターゲットサークルに収まっていれば爆発します。

この特性は、他の定点攻撃タイプのテクニック(グランツなど)でも同様なので覚えておくといいかと思います。

実質無限の射程、広めの範囲、ダメージ判定の長さとどこをとってもまとまりの良いテクニックです。

②イル・ゾンデ

攻撃よりも高速移動用として重宝される雷属性テクニック。乱戦からの離脱や味方集団に追いつく際などに有用です。

後述するテクニックカスタマイズによって、さらに使い勝手が向上します。

③ゾンディール

範囲内のエネミーを一カ所にまとめる、PSO2の戦闘において非常に重要な雷属性テクニックです。

雷属性のテクニックで起爆しダメージフィールドを発生させますが、基本的には起爆させずに吸引目的でのみ使用することが多いです。

一カ所に集めたエネミーが味方の攻撃であっという間に溶けていく様は、見ていてなかなか楽しいものがあります。

④イル・メギド

エネミーを自動で追尾しヒットするたびに他のターゲットを自動探知→追尾して攻撃、を数回オートで行ってくれる闇属性テクニック。

イル・メギドが暴れている間プレイヤーも自由に行動できるので、様々な追撃が可能です。

対複数戦に強い反面フルオートで制御が効かない為、狙ってほしくないエネミーや部位に攻撃してしまうこともあります。

⑤イル・グランツ

対単体用の高威力光属性テクニック。チャージ時間こそ長めなものの威力・射程・誘導性能全て優秀で、光テクの主力になります。

特筆すべきはそのパニック付与率の高さ。防衛戦などパニックが有効なボスが登場する場合は必須ともいえるテクニックです。

その他のテクニックは・・・

上記以外にも様々なテクニックが存在し、それぞれ得手不得手があります。wiki等で情報を見て、そしてやはり実際に自分で使ってみて判断するのがいいでしょう。

続いてはテクニックカスタマイズ

さて続いてはフォースで戦っていく上で絶対に外せない『テクニックカスタマイズ』、通称テクカスについてです。

素材さえ持っていれば誰でもビジフォンから依頼することができるので、自分でテクカスのレベルを上げる必要はありません。

各テクニックに2通りのカスタマイズ方法が設定されており、例えばラ・フォイエの場合は、

・ダメージの上がる『火焔のラ・フォイエ
・攻撃範囲の上がる『広域のラ・フォイエ

この2種類どちらかを選んでカスタマイズできます。

それぞれにメリット効果とデメリット効果があり、メリット効果をなるべく大きく、デメリット効果をなるべく小さくしたカスタマイズを狙っていく事になります。

カスタマイズ結果が良いか悪いかはランダムなので、性能にこだわると良い出来のモノが完成するまで何度も素材とメセタを消費することになります。

これもフォースにお金がかかる原因のひとつです。

テクカスの7パターン

①火焔 氷牙 雷迅 風斬 閃光 深闇

各属性のテクニックで、威力を上げるタイプのテクカスはこの名称になります。

以下全てに言えますが、レシピ3の効果が最も大きくデメリットも大したものではないので、「基本的にはレシピ3でカスタマイズ」しましょう。

②効率

消費PPが減少するタイプのテクカスです。PP消費軽減のスキルや潜在能力とも重複し、これを適用した雷属性テクニックなどは1発当たり10以下のPP消費になることもあります。

効率のサ・ザン』はかつてノンチャージテクニックの威力が跳ね上がる武器「エリュシオン」と共に大暴れしました。

③集中

テクニックのチャージ時間が減少するタイプです。

フレイムテックSチャージなどはこのカスタム効果の後に適用されるので、残念ながらチャージ時間が0になったりはしません。

例えばチャージ時間-0.4秒のカスタマイズを施した『集中のナ・フォイエ』にフレイムテックSチャージLv10が適用されると、

( 1秒 - 0.4秒 )× 50% = チャージ時間0.3秒、となります。

④数多

範囲に複数回ヒットするテクニックのヒット間隔が短くなります。具体的に言えば、シフタやレスタの通常4回判定が出るところが5回に増えるようになります。

補助テクニックはもちろん、範囲攻撃のヒット数を増やして状態異常率を上げる戦法も考えられます。

数多のナ・グランツ』は特に効果が大きく、元の7ヒットから9ヒットに増えるので『閃光の』よりもダメージが高くなります。

⑤広域


文字通りダメージ範囲が拡大するタイプのテクカスです。

全体的に使い勝手はあまりよくありませんが、『広域のラ・フォイエ』などは凄まじい爆発範囲になるので一度試してみるのも悪くないかもしれません。

⑥深刻

状態異常発生率上昇のテクカスですが、実質これはゾンディールのためのテクカスと言っていいかと思います。

深刻のゾンディール』は範囲が1.00m拡大するオマケ効果があるので、それが目的です。レシピは2以上ならメリット・デメリット関係ありません。

⑦加速

発射系テクニックの弾速が上昇します。いまいちどの程度の上昇量かわからないのが問題ですが。

フォイエに代表されるほとんどの弾丸発射系テクニックは時間経過で消えるようになっているので、速度上昇は最大射程上昇につながります。

ただし、『加速のイル・グランツ』など誘導弾系は速度増加に伴って旋回性能が落ちるため小回りが効かなくなる欠点もあります。

テクカスまとめ

この中にはテクカスで使いづらくなってしまうものもあるので、全てのテクニックをカスタマイズする必要はありません。まずは優先的に補助系のテクニックをカスタマイズしましょう。

・シフタやデバンドは『数多
・アンティは『集中
・ゾンディールは『深刻

を選び、その他はメリット効果で好みのものを選べばいいかと思います。

攻撃テクニックについては自分のよく利用しているものに絞って、メリットとデメリットが問題なさそうなら採用すればいいでしょう。

・「攻略 TOPへ

PSO2 フォースの装備選びと複合テクニック

最初に述べたように、フォースはロッドとタリスの2種類の専用装備を持っています。「ロッド」はその名の通り杖で、近接攻撃および手元からのテクニックで戦います。

タリス」はカードを投擲する中距離武器で、法撃力はロッドに劣るものの投げたカードを起点としたテクニック行使が可能になっています。

初心者のうちはロッドでテクニックに慣れるのがいいでしょう。タリスからのテクニック発射は慣れが必要ですし、テクニックによってはロッド時と挙動が変わることもあります。

肩越し視点で自由にタリスが投げられるようになると、補助や攻撃の幅が大きく広がります。戦闘に慣れて来たら練習しておくとよいかと思います。

フォースの武器選び

装備に関しては初心者のうちはどのロッド・タリスでも構いません。どんどんレベルを上げて、その都度装備できるものに乗り換えていきましょう。

☆11のおすすめ

SHに挑めるようになったあたりで☆11の「結晶武器」と呼ばれている装備に換えるといいと思います。

ベルトロダン』『ウェドルスパーク』などがこれにあたり、それぞれ対応した属性のテクニック威力を16%アップさせる「○○結晶」という潜在を持っています。

クラススキルの「エレメントコンバージョン」とこれらの潜在で、属性を合わせる重要性を覚えましょう。

☆12のおすすめ

XHまでたどり着くころには☆12が欲しくなってきます。

マガツ武器の「禍杖ノチウハウ」が強力かつ入手が比較的容易なので、マイショップなり交換なりで手に入れておくといいでしょう。

資金に余裕があればマイショップで手に入る強力な新生武器「ノクスリフェルNT」「ノクスクリーグNT」を仕入れるのもいいですね。

装備選びまとめ

基本的にはロッド、タリス合わせて6属性全てカバーできるようにしておくことが望ましいです。特にタリスは安全にゾンディールを撃て、上空からのラ・ゾンデが強力なので、雷属性に充てるといいかもしれません。

とはいってもいきなり全種揃えるのは金銭的にも時間的にも大変です。良くテクニックを利用する順に揃えていくといいでしょう。およそテクニックの使用頻度は""炎≧光>闇>その他""なので、まずは炎属性の武器から調達するといいかと思います。

フォースの複合テクニック

それでは最後に、フォースの必殺技ともいえる複合テクニックについて紹介します。複合テクニックは現在、

・風と雷の『ザンディオン
・炎と闇の『フォメルギオン
・氷と光の『バーランツィオン

の3種類が存在しています。

全てフォトンドロップ交換所にてフォトンスフィア50個と交換可能です。通常のテクニック同様チャージが可能であり、チャージをステップで解除することも可能です。

サブパレットにセットして、マグのフォトンブラスト同様にダメージ蓄積でゲージが溜まって使えるようになるタイプです。

テクニックというよりはチャージできるスキルのような扱いに近いですね。

2属性分のマスタリーや潜在能力が乗り、通常のテクニックとは比較にならないほどの高威力を発揮できるので、基本的に低火力なフォースにとっては対大型エネミー相手の有力なダメージソースになります。

ザンディオン

高速移動で駆け抜けた後に落雷を発生させる風雷複合テクニック。

あまりに高速なので小回りが効きづらいものの、落雷の判定が非常に大きく大型エネミー相手には大きなダメージが期待できます。

高速移動開始から終了まで完全無敵なので、強力な範囲攻撃なども気にすることなく攻撃できる点が魅力です。

フォメルギオン

チャージ後に両手からビームを発射する炎闇複合テクニック。

チャージ中、発動中ともにスーパーアーマーが付与されているものの無敵ではないので、油断していると動けないまま即死させられる恐れも。

属性の関係上、優位に働くエネミーが多いので最も多用される複合テクニックでもあります。

バーランツィオン

両手に剣を生み出して連続斬りを行う氷光複合テクニック。これもフォメルギオン同様チャージ中、発動中はスーパーアーマー付きの無敵無しです。

3種中唯一の定点攻撃タイプで、相手がダウンしている場合などには有効ですが、敵を追尾する性能はないので初撃以降に移動された場合は残りが上手く当たらないことも。

複合テクニックまとめ

複合テクニックは使用タイミングこそしっかり見極める必要があるものの、威力は折り紙付きなのでどんどん使っていきましょう。

十分な戦闘能力を発揮するには多くの投資が必要になるクラスですが、その分様々な状況に柔軟に対応でき、補助に攻撃にとあらゆる局面で活躍できるのがフォースです。

単純なダメージレースこそ近接クラスに譲りますが、複合テクニックという瞬間火力も手に入れてより戦闘に貢献できるようになりました。

近々テクニックにもPA同様「零式」が実装されますし、今後の動きにも注目したいところですね。

・「攻略 TOPへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社