QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 スキルリングの仕組み〜RとLリングのおすすめは?〜

PSO2 スキルリングとは?

スキルリング画像2

スキルリングは、ギャザリングと同時に実装された新しい装備カテゴリの一つです。

他の装備と比べるとステータスの増加量は非常に少ない(特定ステータス+20程度)ですが、代わりに特殊な効果を持っています。

現在、左右1つずつ合計2つのスキルリングを装備することが出来ます。

装備には制限レベルや要求ステータスは存在せず、一部制限されるクラスが設定されるのみになっています。

そのため、キャラ作ったばかりの状態でも、すぐに装備を作ることが出来れば使用可能です。

スキルリングの入手と強化

スキルリング画像1

ギャザリングで入手した素材アイテムとメセタ、リングによってはラムダグラインダーが必要になります。

スキルリングは最大で+20まで強化可能です。

スキルリングはLリング・Rリングの左右で分かれていて、それぞれ一つずつ装備する事が出来ます。

Lリング

ステータスの微増と、特定の挙動や効果を追加・変更する効果を持ちます。

挙動変更するタイプの効果では、Huの武器装備時にJGすると該当するPAが自動で発動するものや、TMG装備時に前方方向へのSロールが可能になるなどの効果があります。

効果は特定の武器を装備しているときに発揮されるものが大半で、条件次第で効果の発揮しないものもあるものの装備可能なクラスに制限はありません。

また、AISに関する効果をもつスキルリングも存在します。

Rリング

メイン・サブクラスに設定していないクラスのスキルが使用可能になります。

本来のクラススキルと比較すると、半分〜半分以下程度になっているため、本来のクラススキルには及びません。

しかし、鉄板のテンプレクラス構成から変更する必要がなく、スキルリングの有無で利便性が大きく変わります。

RリングとLリングの違い

Lリングとの大きな違いはステータス増加効果がない点と、装備不可クラスが設定されている点です。

スキルリングと同じスキルをメイン・サブクラスに設定しているときは、装備する事が出来ません(=同じスキルをクラスとリングで2種類同時には使えない)。

Rリングは初期段階では本来のスキルのレベル1以下の性能が大半で、スキルリングを強化することで徐々に改善されていきます。

威力や効果だけでなく、リキャスト時間や効果時間も徐々に伸びていきます。

そのためRリングと比べると強化の必要性が高いものが多いです。

Lリングはクラス構成に対するテンプレがある程度固まっているものの、Rリングはスキルの追加という特性上、人によって意見がかなり変わります。

自分なりの構成が選びやすいのもスキルリングの楽しみです。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

PSO2 スキルリング強化の仕組み

08554-pso2_thumbnail

スキルリングは強化が可能で、最大で+20まで強化が可能です。しかし他の装備と違い入手してすぐに+20にすることは出来ません。

スキルリングを強化するためにはまず、経験値を得る必要があります。

スキルリングの経験値

経験値はキャラクターが経験値を得る行動(エネミー討伐、Eトライアルクリア、オーダー報告、チケット使用など)を行うと、キャラクターが得る経験値の5%がリング経験値としてリングに累積されます。

スキルリングを+20まで上げるために必要な経験値は1,512,000です。

この経験値を得るために必要なキャラ経験値の総量は30,240,000でLv1のキャラクターがLv70になるのとほぼ同じ経験値量です。

また、ロビーエリア以外での経験値取得はリアルタイム反映されず、反映させるためにはエリアを変更するか、ロビーへ戻る事でリング経験値が反映されます。

最大強化まで上げるには大量の経験値量が必要なため、スキルリングを装備した状態で、経験値+%系のチケットを使用し、ボーナスクエストや緊急クエストに参加することで効率的になります。

スキルリング強化素材

スキルリング画像3

必要な素材は製作に必要な素材と同じ鉱石、宝石、グラインダー、ラムダグラインダーが必要になります。

強化費用

強化段階に関係なく一律30,000メセタが必要です。

強化成功率

一律80%以上90%未満で、強化成功率20%か30%を使用することで100%成功させる事が出来ます。また、失敗した場合でも強化値が減少することはありません。

+1製作から+20強化までの必要素材

全て強化成功率+30%を使用して100%強化成功させた場合、

・鉱石60個
・宝石16個
・グラインダー95個
・ラムダグラインダー30個
・600,000メセタ
・エクスキューブ400個(強化成功率+30%交換に使用)

が必要です。

一部の製作時にラムダグラインダー等が必要になるスキルリングは、強化段階で必要な個数が少ないため、最終的に必要な個数は他のスキルリングを同じ個数になります。

強化するメリットが少ないリング

スキルリングは基本的に強化したほうが効果が強力になりますが、そもそも強化する必要性が薄いものもあります。Lリングのうち、

・Fi武器のチェイス系2種
・フロントSロール
・ショートコンバット
・AIS系のリング

は強化しても効果自体は変化しないため、強化する必要性が高くありません。

ただし、これらのスキルリングでも強化することで、ステータス増加効果の上昇は可能なため、突き詰めた最高スペックの装備を作る場合には強化が欠かせなくなります。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

PSO2 Lリングのオススメ装備

スキルリング画像4

Lリングには、既存の挙動に対して追加・変更する効果があります。

効果を発動するために特定の武器カテゴリの装備が必要になり、該当する武器を装備していても、構成の関係でスキルリングの効果が発動しない事もあります。

そのため、装備可能クラスに制限はないものの、実質的なクラス制限が存在します。

Lリングの選び方

武器カテゴリごとの効果があるもの
クラススキルに関係するもの
AISの性能に関連するもの

基本的には武器カテゴリに合わせたリングを使用しますが、対応するリングがない場合には、AIS系のリングをつけるか、他のクラスのスキルリングを経験値目的で装備する事が多くなります。

この傾向は特に射撃武器で顕著です。

Hu武器、Fi武器は対応する武器のスキルリングが個別に用意されているため、それを使用することが多いです。

しかし、メインHu時には武器カテゴリに左右されず効果がある、ハンターギアセイブがあるため、こちらを利用する事も多いです。

また、ダブルセイバーのみ、スキルリングの有無で火力が大きく増減します。最低でも+10、出来る限り最大強化での使用がオススメです。

カタナ関係のリング

カタナギアガードR
ショートコンバット

の2種類があります。

カタナギアガードR」はギアを最大まで溜めた状態で3秒以上ガードを維持するとギアが解放されます。

ガードによる解放が出来ない状態でギア解放が可能ですが、デメリットも多く好みが分かれます。

ショートコンバット」はカタナコンバット時のロック部位への追尾効果が消失します。

強化値による効果の変化はありません。ショートコンバットの効果が必要ない場合には、保険としてガードRリングを使用することが多いです。

デュアルブレードのリング

こちらは「DBスナッチ」の1種類のみです。

デュアルブレードで移動を伴う武器アクションを使用する際に、打撃判定が付与され、攻撃Hit時に強化値に応じたダメージとPP回復が発生します。

打撃判定はPA倍率換算すると+1で128相当、+20で576相当の威力になります。

射撃武器

現在ツインマシンガンのみスキルリングが存在していて

フロントSロール
ハイタイムキープ

の2種類が使用可能です。

「フロントSロール」は、前方へのSロールが可能になります。正面への移動が可能になるため、今まで以上に機動性が上がります。

「ハイタイムキープ」はショウタイム中、被弾した際に一度だけ確率でハイタイムの効果を維持します。

効果は一度のみで、更に確率発動のため、+20まで強化し発動確率100%にしても、あまり効果がありません。

法撃系の装備

この場合には「テックCパリング」のみ効果があります。

テクニックのチャージ中、正面180度に対して一定時間ガード判定が付与される効果ですが、ガード時に硬直が発生する、多段Hit系の攻撃には弱いなどの弱点があります。

効果があるのは、ロッド、タリス、ウォンド、ジェットブーツ、タリスです。

その他

RRフィールド
AIS系スキルリング

などが存在します。

RRフィールド」はTeのスキル、リバーサーフィールドのリキャスト時間を減少させる効果があります。

しかし、テックCパリングが便利な事とリバーサーフィールドを使用すること自体が皆無なため使用されません。

AIS系のリング」は複数種存在しますが、ワイドエリアヒールやアーリィライズは使用できる場面が限られ、クイックブラスター、ライトアーマーにはデメリットが存在します。

装備する場合はアーリィライズがオススメです。マガツ後半戦、大和後半戦でのみ効果が出るリングですが、戦闘不能時の復帰までの速度が5秒から1秒に減少します。

復帰まで時間がかなり短くなるため、AISの操作に自信がない人にオススメのリングです。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

PSO2 Rリングのオススメ装備

スキルリング画像5

Rリングは既存のクラススキルを使用可能にするものです。クラススキルと比べて弱い、スキルリングと同じスキルを持つクラスでは装備出来ないなどの制限はあります。

しかし、今までは再現出来なかったものも再現できるようになったため、スキルリングの結果、武器の選択肢が広がったものもあります。

攻撃力増加系のスキルリング

Cストライク
Pキーパー
アタックアドバンス

この中で特にオススメなのは「Pキーパー」、次点で「Cストライク」もオススメです。

どちらも上昇量は+20で+3%と微量、Cストライクはクリティカル時のみ効果反映ですが、Cストライクはクリティカル率増加がFiのスキルよりも強力(リングでは+20%、スキルでは+15%)に設定されています。

必撃烈打がある時は要注意

基本的にはPキーパーがオススメですが、潜在「必撃烈打」を持つ武器やクラフト武器を使う場合には、Cストライク系スキルリングも候補に入ります。

特にTMGの「ブリッツフェンダー」などは、Guのスキルで+50%、潜在で+25%、Cストライクで+20%と追加されます。

そのため、基礎クリティカル率5%とあわせて条件次第でクリティカル率100%に到達し、常に潜在のダメージ+22%、リングのダメージ+3%が発動するようになります。

汎用性のPキーパーか特定条件で効果を発揮するCストライクか、自分の使う構成や武器と相談で選ぶのをオススメします。

アタックアドバンス」は他のスキルリングと比較すると非常に倍率が高い+20%という効果を持っています。

そのため通常攻撃の威力が強力なTeやSuで「はりきりパフェ」と併用することで通常攻撃が他クラスのPA並みの高威力を発揮できるようになります。

特にTeHuにアタックアドバンスリング+20を装備すると通常攻撃で1~3万、最大で13万近いダメージを出すことが可能になります。

補助系のスキルを持つスキルリング

EPPRフィールド
キリングボーナス
マッシブハンター
フォトンフレア
PPコンバート

などがあります。

近接クラスにおすすめ

オススメは、キリングボーナスEPPRフィールドがオススメです。

出現するエネミーが多く、弱点がバラバラなマルチ系緊急クエストではキリングボーナス、

弱点属性が一致しているレイド系や防衛系などではEPPRフィールドがオススメです。

射撃クラスにはマッシブハンターが便利ですが、クラススキルと比較するとかなり性能が低い点や、射撃クラス自体がサブHuと相性が良いこともあり、サブHuにしてPキーパー射撃を採用する方が安定します。

法撃系クラスにおすすめ

フォトンフレア、PPコンバートが効果を発揮しますが、Foが含まれるとフォトンフレアは装備出来ないため、候補が絞られます。

PPコンバートはFoを含みつつサブTeではない、FoBrやFoFiを使用する際にオススメです。

その他

クラススキルとは全く関係のないスキルが発動する「ブーストスレイヤー」というリングがあります。

これはブーストエネミーに対して与ダメージ増加と被ダメージ減少が発動します。

クライアントオーダーでも要求されるため、アカウントに1つ製作しておくと、複数キャラでクライアントオーダーを報告できるため便利です。

また、アドバンスクエストへ行く際には高確率で効果を発揮するためオススメです。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社