QムービーTOP > ゲーム > ファンタシースターオンライン > ファンタシースターオンライン2

PSO2 緊急クエスト-特徴と仕組みを徹底解説-

PSO2 緊急の特徴とは?

発生してから30分間(×2セットで1時間の場合もあり)受注可能で、中にはクリア回数が制限されている物もあります。

多い時には2~3時間に1回発生し、1回の発生で複数種類のクエストがプレイ出来る場合もあります。

公式サイトで緊急の時間が予告されていますが、それ以外にもランダムで発生します。(予告緊急以外の時間と内容はShip毎に異なります。)

15分前にはアナウンスが流れ、その内容からどの緊急が来るのか予め知ることが出来ます。

緊急はほとんどが00分に発生するので、45分付近になったらアナウンスを気にかけておくと、目当ての緊急を逃す心配がありません。

ストーリーは必見

常設クエストと比べて経験値やレアドロップが多くとてもお得です。また、ストーリーの完結編に当る大ボスはこの緊急で登場します。

クリア(難易度問わず)することで締め括りのイベントが見れるので、ストーリーを楽しんでいる方は是非挑戦してみて下さい。

季節特有の緊急では、その季節ならではのドロップや景色・BGMが楽しめます。

内容がバラバラに見えるビンゴも、季節緊急で埋まるものが多いのでオススメです。

最初は12人で挑戦しよう

12人での挑戦がクリアするのに一番有効なので、人の多いブロックで受注するのが良いかもしれません。

出遅れると12人集まらないこともあるので、なるべく開始と同時に受注できるようカウンター前に待機しておくと安心です。

キャンプシップから受注するとカウンター前と比べて処理が若干軽いので、別の適当なクエストを受注して待機するのも良い方法です。

緊急の待機である事(そのクエスト自体をプレイしているわけでは無い事)をパーティーコメント等に記載しておくのが親切です。

攻略手順をあらかじめ予習しよう

緊急クエストはプレイするチャンスも少なく、ドロップやクリアを目指している人がたくさんいるので、ある程度攻略法を覚えてから臨むのが理想的です。

低い難易度で練習してみるのもオススメです。しかし攻略法は目的によってそれぞれなので必ず実行できるとは限りません。

基本を把握したらメンバーによって柔軟に対応しましょう。どうしても目的を果たしたい場合は、同じ目的のメンバーを募集して行くのが良いでしょう。

・「攻略 TOPへ

PSO2 緊急クエストの種類と予告アナウンス

08423-pso2_thumbnail

大きく分けて「エリア周回」「大ボス討伐」「防衛戦」があります。

アナウンスに「ダークファルス(その他ボス名)」と入っているとボス系ですぐに判断出来ます。

採掘基地」と入れば防衛戦です。「第○採掘基地」という部分を見ればどの防衛かも分かります。(アプレンティスだけは防衛と大ボスを兼ねているので、ボス名の入るアナウンスになります。)

そしてそれら以外が周回系です。場所(惑星名やマザーシップ等)からどの種類か判断します。

同じ惑星の周回系緊急は、一つのアナウンスで複数同時に発生することが多々あります。目当ての緊急がどの場所のクエストかさえ覚えておけば見逃す心配も少ないでしょう。

連打して違うクエストを受注しないよう気を付けて下さい。(間違えても受け直せば良いだけですが、12人の波から外れてしまう心配があります。)

周回系・防衛戦(アプレンティス除く)は30分の間何度でも受注できます。受注さえしてあれば30分を超えても制限時間の限りプレイ可能です。

ボス討伐はクリア回数制限があるものがほとんどです。「クリア」の回数制限なので、途中エラーで切断されてしまったりした場合は時間内であれば再挑戦が可能です。

レアドロップブーストのタイミング

緊急は経験値やドロップが良いので、ブーストアイテムを使う絶好のチャンスです。

経験値は数字が出ますのでいつ入手しているか分かるのですが、レアドロップの抽選がどのタイミングで行われるのかについては、明らかになっていない部分もあります。

そのため、特殊な場合においていつレアドロップブーストを使うべきか意見が分かれるのです。

通常は、

倒した時
ボス箱を割る時

が抽選タイミングです。狙っている物によって、最初から使うか、割る直前に使って節約するかを選択します。しかし緊急においては最初から使っておく方が有効な場合が多いとされています。

それは「ドロップが最後にまとまる」という仕組みが存在するからです。

その仕組みの場合、クエスト中のドロップが全て最後の大赤箱から出ますが、ドロップの抽選は敵を倒した瞬間に行われています。

難易度XHではクエスト固有ドロップもあるので、最初から使っておくのが良いとされるのです。

また、ボスが2連続で登場するボス討伐系もドロップが最後にまとまりますが、こちらに関しては「抽選は割る時なのではないか」という意見もあり、判断が分かれています。

しかし緊急はここぞのチャンスですし、節約よりも確実性を取って最初から使っておくのがやはり良いのではないでしょうか。

・「攻略 TOPへ

PSO2 「緊急クエスト」それぞれの特徴と対策

エリア周回

通常クエストのマルチエリアを回るような造りのクエストです。季節限定クエストはここに含まれます。

ボス系や特殊なエマージェンシートライアルが多く発生するのが特徴です。制限時間内に決められたクエストポイントに到達することでクリアとなります。

マルチエリアを回り続けるタイプと、最後にシングルエリアでボス討伐等を行うタイプがありますが、マルチエリアでポイントを貯める方法が主流となっています。

ソロの場合一人でボスを倒すことになるため、マルチエリアでクリアする方が効率的だという面が大きいのでしょう。どちらでも同じくクリアということになります。

会いたいボスだったりする場合はシングルエリアでクリアすると良いでしょう。ただしマルチエリアでクリアポイントに達してしまうと、シングルエリアでの戦闘は発生しませんのでご注意下さい。

スタート方式にも2種類

・入った順に個別(パーティー別)にスタートし個別にポイントを貯めるタイプ

・大テレポーターで一斉にスタートし全体でポイントを貯めるタイプ

現在は一斉タイプが多くなってきています。個別タイプは通常のマルチエリアと同じく自由に出入することが出来ます。一斉タイプはスタートしたら新たにプレイヤーが入ってくることは出来ません。12人揃ってからスタートするようにしましょう。

エリアは大まかに円形構造をしており、一定方向に進めばグルグル回れる構成になっているマップがほとんどです。

周回系緊急は12人がまとまって行動することで効率が良くなるので、方向を決めて全員で回るのが理想的です。

クエストによっては、「需要の高いエマージェンシートライアル」が発生する場所を特定できる場合があり、回る部分が暗黙の了解で決まってくるものもあります。(円の下側をU字に往復する等。)

目的が違うとなかなかまとまりませんが、バラバラになる事は避けたいのでなるべく集まるよう協力しましょう。

バラバラにされるEトライアル等もありますので、そういう場合も含めて「大きなEトライアルの発生場所をチャットで発言」することで集合を呼びかけるのが効果的です。

回り方とはまた別に、一部の周回系クエストに「数分前破棄」という考え方があります。クリア自体に報酬が無く、途中のEトライアルに需要があるクエストがこれに該当します。

最後30分ギリギリで受注し直すことで、1周分多く回れるという考え方です。キャンプに戻る時間を含め、更に人が集まる余地を残すために26~28分辺りがちょうど良いとされるようです。

勝手に抜けてしまうと残された人達が苦労することになりますので、趣旨を説明した上で全員で破棄・受け直しするようにしましょう。

28分破棄します」と言われてみんな居なくなって何のことだか分らなかった方は、これを参考にご自身も破棄を検討してみて下さい。

ドロップが最後にまとまる仕様はもしかしたらこれの対策かもしれませんね。それでも最近はコレクトファイルの影響もあり破棄はあまり減っていません。

しかもこの場合クリアにも需要があるので円満な破棄はあり得ません。コレクトの性質上そうしたいのは山々だと思います。しかしなるべくは全員で協力してクリアするようにしたいですね。

大ボス討伐

ストーリーの最後を飾る対ボス戦です。

・前哨戦と本戦に分かれているタイプ
・ボスの2連戦のタイプ
・エリアを進んだ後にボスと戦うタイプ

があります。(最後のタイプは実装されて間もないためあまり情報がありません。)

前哨戦タイプ

前哨戦30分・本戦30分で分かれています

前哨戦は時間中何度でも受注することが可能(マガツのみ4回のクリア回数制限あり)で、一度でもクリアしていないと本戦に挑むことが出来ません。

また、前哨戦の結果が本戦に影響を与えるものもあります。本戦は1回のみクリア可です。30分の内に受注した前哨戦は、本戦が始まっても中断されたりすることはありません。

逆に本戦を発生と同時に受注したければ、余裕を持って待機しましょう。

2連戦タイプ

クリア回数1回で制限されています。同Ship内のクリアしたプレイヤー数に応じて強化効果を得られるクエストもあります。自信がなければ強化レベルが上がるまで待つのも有効な手段です。

通常のボスエネミーとは違い、空間を覆うほどの大きさのあるボスとの戦いです。討伐を成功させるにはある程度攻略法を知っておく必要があります。

特に重要なのは「狙う部分と順番」です。

弱点を露出させる手順を踏み攻撃しないと、時間内に討伐出来ない可能性もあります。特殊な攻撃を使ってくるので、回避する方法も身に着けなければなりません。

全滅してしまった場合でも、誰か一人でもボスエリアに残っていれば失敗にならないので、一度キャンプに戻った人が復活させたり順番に戻ったりすることで続行することが出来ます。

一斉に帰らないよう注意しましょう。

防衛戦

拠点を守る」という、特殊な戦い方をするクエストです。

現在「襲来・侵入・絶望・終焉」の4種類があり、終焉のラストは大ボス討伐になります。終焉は2回のクリア回数制限があり、他は何度でも受注することが出来ます。

WAVE」という単位で区切られており、時間経過もしくは敵の殲滅で1WAVEの終了となります。

広い一つの空間に複数の拠点が点在していて、最終WAVEまで1つ以上守りきるとクエストクリアです。途中落ちている「結晶」を拾うことで「結晶ポイント」を貯め、ポイントで拠点や床パネルの装置を使用することが出来ます。

この装置を駆使しないと守りきるのは難しいでしょう。

装置にアクセスすると、何ポイントでどのシステムが使えるようになるかが分かります。ポイントは全体の累計で、使用は個人毎になります。

必要な場面ではどんどん使いましょう。拠点の端末からは拠点の回復とバリア、床パネルでは銃座・フォトン砲・A.I.S(絶望と終焉のみ)等の武器を起動することが出来ます。

床パネルが侵食されている場合はそれの浄化もポイントで行います。浄化と武器のポイントは別です。

侵食されていると武器が起動出来ず、更に侵食兵器が発生してしまう可能性があるので、見つけたら浄化すると良いでしょう。ダーカーの侵食兵器はこのポイント武器等を使って優先的に処理しましょう。

防衛戦は本戦マップ上であればどんなに離れていても全ての経験値が入ります。位置を気にせずに拠点を担当したり、手分けして敵に対処しましょう。

敵の湧く位置は大体決まっています。出現時を狙うとまとめて倒し易いので、場所を覚えて待機するのも良いでしょう。

防衛マップはとても広いので、声をかけ合って距離をカバーすると守りやすいと思います。A.I.S使用の分担等もスタート前に話し合ったり宣言したりして、有効的に使用することが大切です。

まとめ

緊急クエストは難しい分覚えると楽しいものが揃っています。時間が絞られていることで人も集まり易く、12人でのマルチプレイを体験するとても良い機会ですね。

普段は誘い難くても、緊急だとパーティーメンバーの募集も気楽に出来ます。設定を「誰でも楽しく」にしているパーティー等に思い切って参加してみるのも楽しいと思います。

・「攻略 TOPへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社