QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマオンライン雑魚モンスター「ゴブリン」とは?

 ドラゴンズドグマオンラインのプレイヤーは、白竜に心臓をささげた存在「覚者」として世界を苦しめるモンスターと戦い、未知なる冒険を繰り広げるオープンワールドアクションゲームです。多くのプレイヤーがよく戦うモンスターとしてゴブリンがいます。見た目はプレイヤーキャラよりもやや小さく、鬼のような顔をした見た目のモンスターです。
 こちらを見つけると叫び声を上げて襲い掛かってくるため、非常に好戦的なモンスターではあります。しかし、余計な挑発モーションがあるせいで、一度も攻撃をしてくることなくプレイヤーに倒される事もあります。攻撃方法は様々で棍棒で殴りかかってくる、拾った石ころを投げつけてくる、火のついた松明を投げつけてくる等がありますが、どれも大した脅威ではありません。しかし、上位のゴブリンになると爆弾を投げてきたり、攻撃を盾で防ぐといった一癖あるゴブリンもいるので、決して侮らないようにしましょう。

ドラゴンズドグマオンラインのジョブ修練「ゴブリン」の居場所

  今回紹介する動画「DDON攻略 | ジョブ修練場所(全職種・全スキル)Lv.1 Lv.5 以上のシールドゴブリン Lv.5 Lv.10 以上のゴブリンリーダー ‐ ドラゴンズドグマオンライン」は、ドラゴンズドグマオンラインでジョブ修練をする時にターゲットとなるゴブリンの居場所についての動画です。ドラゴンズドグマオンラインでは各ジョブごとにカスタムスキルやアビリティという固有の技がありますが、自力ではレベル5までしか上げる事ができません。レベル6以降はジョブマスターからの課題である「ジョブ修練」をこなしてレベルを上げる事になります。
 今回の動画では一部のジョブのジョブ修練で課題となる「シールドゴブリン」「ゴブリンリーダー」のいる場所についてまとめられております。例としてハイデル平原のエリアランク3以上で「鬼鳴き橋」に現れる「橋守のピンシャ」はゴブリンリーダーの扱いになっており、その取り巻きの手下にはシールドゴブリンがいます。また、ダンジョンの「平原の廃墟地下室」にもシールドゴブリンやゴブリンリーダーがいるので、「鬼鳴き橋」のとあわせて修練するととても効率よく回る事ができます。

トップページへ

ドラゴンズドグマ:アークにいる奇妙なゴブリンアルケミーとは?

  今回紹介する動画「ドラゴンズドグマオンライン 鈍色のアーク アーク」は、メインクエストの「鈍色のアーク」についての動画です。ドラゴンズドグマオンラインの世界にある日落ちてきた謎の物体「アーク」を調査するために調査チームが派遣されました。ところが調査チームは音信不通になってしまい、プレイヤーに様子を見てくるようにという命令が下ります。テル村の近くにあるアークの内部に入ると、入り口付近にファビオが倒れており、調査隊が大きな痛手を受けたことが分かります。
 奥へ進むとスケルトンが待ち構えていたりしますが、途中からゴブリンアルケミーという変異したゴブリンが出現します。普通のゴブリンと同じ動きをしますが、若干能力が高いため大勢で攻められるとこちらが不利となります。なお、ゴブリンアルケミーはクエストボードの納品クエストでよく求められる「ゴブリンの角」を落とすので、これを目当てに狩りをするのも良いかもしれません。

トップページへ

ドラゴンズドグマオンライン「ゴブリンの王」の頼み

  今回紹介する動画「ドラゴンズドグマ オンライン ゴブリンの王」は、ゴブリンの王からのクエストで「ゴブリンイーター・キメラ」を倒す動画です。ゴブリンの王はゴブリンでありながらも、話す理性があるドラゴンズドグマオンラインでも珍しい存在のゴブリンです。しかし、人間嫌いである事もあってかプレイヤーの頼みを聞く前に縄張りの前にいるキメラを倒してこいというクエストを出してきます。
 動画にも出てくるキメラは「顔と手足はライオン、背中にはヤギ、尻尾はヘビ」という見た目をした大型モンスターであり、引っかき攻撃や毒攻撃、さらには雷魔法と多彩な攻撃を仕掛けてきます。キメラの尻尾のヘビは集中攻撃すると切断する事が出来るので、敵の攻撃方法をいくつか封じる事ができます。ただし、怒り状態になると背中のヤギが雷魔法を連発してくるため、とても忙しい戦いになります。弱点属性は炎なので、シールドセージの炎エンチャントを味方に付与し、背中のヤギを集中攻撃するとキメラにダメージを与えつつスタミナも大きく削る事が可能です。スタミナが0になってキメラが倒れたら一斉攻撃で勝負を決めましょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社