QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマオンライン 全ジョブの特徴と、おすすめについて!

 ドラゴンズドグマオンラインでは、大きく、始めから選択できるジョブ4種類と、あとから転職できるジョブ4種類に分かれます(春に実装予定のアルケミストを入れると、転職ジョブは5種になると予想されます)。ここでは、ドラゴンズドグマオンラインの全ジョブと、転職までの流れ、転職するまでのおすすめジョブについてまとめます。プレイヤーが選べる初期職は、ファイター・プリースト・シールドセージ・ハンターの4種類。レベルを上げストーリーを進めると、ソーサラー・シーカー・エレメントアーチャー・ウォリアーの4種類を、転職ジョブとして選べます。
 はじめは初期職のいずれかで、キャラを育てていきます。各地のワールドクエストをクリアすると、そのエリアのエリアポイント(AP)を溜めることができます。ある程度エリアポイントがたまると、転職のための「ジョブマスター」を紹介してもらえます。(メインクエストの進行も必要になります。また、新しいエリアに行くために、エリア試練をクリアする必要があります)。新しいエリアに進むにつれ、ソーサラー・シーカー・エレメントアーチャー・ウォリアーという順で、転職のための「ジョブマスター」に会うことになりますが、それぞれのジョブマスターが「認定試験」を出してきます。この認定試験をクリアすれば、ソーサラー・シーカー・エレメントアーチャー・ウォリアーへ転職することができるようになります。動画でそれぞれの特性や動きを参考にして、自分なりのメインジョブを決めてみてくださいね!

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

『Dragon's Dogma Online』 3rd Trailer

・ドラゴンズドグマオンライン
・ジョブ
・おすすめ

 こちらの公式動画では、各ジョブの特徴を戦闘シーン付きで紹介されているので「どの初期職ではじめるか」イメージをつかむのに最適だと思います。ドラゴンズドグマオンライン公式の、第3弾トレーラー動画です。後々、メインでソーサラーでプレイしたい!という方には、プリーストを初期職としておすすめします。ソーサラーへの転職時に、レベル上げや竜力の継承で鍛えてきた「魔法力」がそのまま活かせるほか、防具も共通なので、ゴールドや倉庫の節約にもなると思います。
 また、後々、シーカーでプレイしたい!という方には、初期はハンターを選ぶのがお勧めです。防具が共通であることも一つの理由ですが、シーカーへの転職は、比較的高いレベルにならないとできないため、攻撃力のあるハンターだと転職までのレベル上げが楽になるでしょう。メイン職はいろいろ試して、あとで決めたい!という方など、オールマイティにお勧めできるのはファイターです。ファイターで覚えたアビリティは、どの攻撃職でも役に立つので、どの攻撃職に転職しても高い攻撃力を発揮できるでしょう。

トップページへ

『ドラゴンズドグマ オンライン』 エレメントアーチャー紹介ムービー

・ドラゴンズドグマオンライン
・公式トレーラー
・エレメントアーチャー

 シーズン1.1アップデートで追加された新ジョブのため、動画1では紹介されていませんが、こちらの動画ではサポート職としてあらたに追加された「エレメントアーチャー」が紹介されています。こちらもドラゴンズドグマオンライン公式トレーラーなので、ノーマルスキル・カスタムスキルともに、戦闘シーン込みで詳しく紹介されており、イメージがつかみやすいかと思います。
 後々、エレメントアーチャーをメインとして活躍したい方は、初期職をプリーストで始めるのがお勧めです。武器が魔法弓ということもあり、ハンターと似たイメージがあるのですが、実際は魔法力が影響しますので、プリーストで始めて魔法力を高めながらレベル上げしておくと、転職後すぐに高い能力を出せるでしょう。また、プリースト防具を共通で使えるのも魅力です。プリーストでレベル上げが厳しくなったら、途中でソーサラーへの転職を挟むと、レベル上げと同時に、複数のジョブのアビリティも鍛えられるのでおすすめです。

トップページへ

『ドラゴンズドグマ オンライン』 ウォリアー 紹介ムービー

・ドラゴンズドグマオンライン
・公式トレーラー
・ウォリアー

 現在、もっとも新しいジョブとして実装されているのが、シーズン1.2で追加された「ウォリアー」です。動画1、2に続き、この公式トレーラーでは「ウォリアー」の魅力が紹介されています。
 現在、ドラゴンズドグマオンラインの中ではもっとも高い火力を誇るジョブで、その威力・ダメージ量は動画でも拝見いただけるかと思います。後々、ウォリアーをメイン職にしたいという方は、初期職にファイターがお勧めです。多少タイミングの違いはあるものの、防御・カウンター系スキルとして、ファイターの「盾弾き」と、ウォリアーの「耐魔の身構え」は通じるものがあるため、違和感なく戦闘スタイルを移行できるかと思います。また、ファイター・ハンター・シーカーをメインとする方にも、一度はウォリアーへ転職してアビリティ取得をするのがお勧めです。ウォリアーのアビリティは他の物理攻撃職と相性が良く、ファイター・ハンター・シーカー、どのジョブにも強力な効果を与えてくれるはずです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社