QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマオンライン エレメントアーチャー必見の立ち回り講座

エレメントアーチャーへジョブチェンジしたら、まず「連魔弾」のレベルを上げておきたいところです。

このスキルは、はじめから氷属性をもっており、さらに複数の魔矢を当てることができるので、敵を「らせやすい」スキルを最初から持っているという特徴があります。

ドラゴンズドグマオンラインで、エレメントアーチャーと言ったら…「連魔弾で凍結!」とイメージされるほど、重要なスキルです。

ここではそんなエレメントアーチャーの解放手順や立ち回り方、必須スキルなどを解説していきます!

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

DDON エレメントアーチャー その役割とは?

06509-dragons_dogma_thumbnail

エレメントアーチャーの役割として、状態異常を引き起こすことが最も重要になります。

主に「凍結させること」「弱体化させること」の2種があげられます。これら2点は、エレメントアーチャーのスキルで狙いやすい状態異常になります。

ここでは、大型モンスターとの戦いを想定し、エレメントアーチャーの動き方を解説します。

「怒り状態」までの戦い方

ある程度敵のダメージを削ると「怒り状態」になり、黄色いスタミナゲージが表示されます。

できるだけ速く、この「怒り状態」にもっていくのが効率の良い戦い方になりますが、この段階では、エレメントアーチャーはダメージを与えることよりも、「状態異常値を溜めておく」ことが重要です。

ドラゴンズドグマオンラインでは、状態異常させるまでに「蓄積」させる時間が必要です。ある程度攻撃を打ち込み、蓄積値が一定以上たまると状態異常になるというシステムになっています。

ある程度時間がかかるため、怒り状態になる前に、「連魔弾」で凍結値を、「減防魔弓」で防御力ダウン値をためておきます。

エレメントアーチャー画像1

この段階では、実際に状態異常を引き起こす必要はありません。あくまで「溜めておく」だけになります。

このゲームはで、「同じ状態異常は、2回目はかかりにくい」という特性があります。

ここで凍結させたり防御力を下げてしまうと、いざというときに状態異常を引き起こせなくなってしまいますので、注意が必要です。

「スタミナ削り」段階での戦い方

敵が「怒り状態」になったら、スタミナ削りを行いダウンを誘います(黄色いゲージがスタミナです)。

この段階で、エレメントアーチャーのもっとも重要な役割は、シークレットコアを出すことです。

エレメントアーチャー画像2

コアが出ていると、スタミナを速く削れるためです。また、コアはエレメントアーチャーかプリーストにしか出すことができません。

コアは「助真の構え」で敵を狙うだけで出すことができます。

コアを出したら、「凍結」や「弱体魔弓」を行います。「弱体魔弓」はコアに打ち込むと、スタミナを速く削れるようになります。

凍結させてからだと、弱体魔弓を狙いやすく・当てやすくなります。

ただし凍結は、他の状態異常とかぶらないように、パーティーのバランスを考えながら判断します。

ウォリアーは「気絶」、シールドセージは「睡眠」を狙いやすいジョブです。

「気絶」「睡眠」は、凍結と同じく敵を無力化できるため、時間をずらして状態異常を狙ったほうがパーティーの力を最大限に活かせます。

「凍結」は、このあとも使いどころがありますが、「気絶」「睡眠」はこのタイミングでしか有効に使えません。

そのため、他のメンバーが気絶・睡眠を狙っていたら、凍結を控えるようにしましょう。

エレメントアーチャー画像3

怒り状態ではダメージが通りにくいので、この段階で「減防魔弓」がかかっても効果がありません。

あくまで蓄積するだけで、ダウン直前に入れるように心がけましょう。

「ダウン時」の戦い方

黄色いスタミナゲージをなくすと、敵がフラフラとよろめきます。

ここでダメージを与えるとダウンさせられますが、ダウンは他のメンバーに任せましょう。

エレメントアーチャーは、ここで、溜めておいた「減防魔弓」を完成させてしまいます。

エレメントアーチャー画像4

ダウンしたら一斉に攻撃することになりますが、ここで「減防魔弓」が完成していると、20%ほどダメージを多く与えられるようになります。

全員が20%上昇になりますので、エレメントアーチャー1人が通常攻撃を続けるよりもはるかにダメージが上がることになります。

ダウン時、一斉攻撃の時間も、積極的に凍結を狙います。ダウン時に凍結させると、一斉攻撃の時間を延長させることができます。

2回目の凍結は1回目よりかかりにくく、敵のレベル・耐性によって、難易度は高めです。

「連魔弾」を打っていれば、ダメージを与えながら凍結値を溜めることができますので、万が一凍結にならなくても攻撃面で貢献できるでしょう

DDON エレメントアーチャーの解放手順

ここでは、エレメントアーチャーの解放手順についてまとめます。

エレメントアーチャー画像5

以下に詳しく流れを解説しますが、どのジョブで進めて行ってもかまいません。

最終的な試練で、レベル40以上の大型モンスター討伐が必要になります。好きなジョブで、レベル42程度まで上げておく必要があるでしょう。

エリアランク上げも必要になりますので、クエストをこなし、エリアポイントを稼ぎながらレベル上げするのがおすすめです。

(1)リンウッドへの到達

LV.6になるとメインクエスト「しもべの契り」が受けられるようになります。これにより、ポーン郷へ行けるようになり、リンウッドのエリアが解放されます。

ポーン郷から南の橋はこの時点では通れませんが、右から回り込むように拠点の礎に向かうことができます。

リンウッドの村へ寄りながら、村の南にある拠点の礎を解放しておきましょう。

リンウッドのエリアランク上げは、エレメントアーチャーの解放には、直接必要ありません。

※ リンウッドのエリアランクを上げると、ソーサラーの解放ができます。

(2)ミスリウ森林深部への到達

ミスリウ森林深部へは、特別な条件がなくても到達できますが、クエストマーカーなどが出ないため、自力でエリアを開拓する必要があります。

エレメントアーチャー画像6

まず、リンウッドの拠点の礎から、南東方面へ向かいます。

ワールドマップで、座標 X:245 Y:464 の位置に、「標の祠 ミスリウ森林深部」があります。

周辺の敵がレベル30前後と高めのため、装備や回復薬をしっかり準備していくことをおすすめします。

標の祠についたら、拠点の礎を解放しておきます。エリアマスターの「クリスティーヌ」と話すと、ミスリウ森林深部のクエストを受けられるようになります。

(3)ミスリウ森林深部のエリアランク上げ

ミスリウ森林深部のクエストをこなし、エリアポイントをためます。エリアランクが6に達すると、ディナン深層林への道が通れるようになります。

※ エリアランク4から5へ上がる際、エリア試練が発生します(LV.40 蒼葉のグリフィンを討伐)。

このエリア試練をクリアすると、エリアランク5になります。さらにクエストをこなしエリアポイントをためると、エリアランクが6になります。

(4)ディナン深層林のエリアランク上げ

ディナン深層林の「秘弓師の住居」で拠点の礎を解放しておきます。

エレメントアーチャー画像7

マスターの「ロンドジール」と話すと、ディナン深層林のクエストを受けられるようになります。

ディナン深層林のクエストをこなし、エリアポイントをためます。エリアランク4から5へ上がる際、エリア試練が発生します(LV.43 神花のコカトリスを討伐)

(5)ジョブマスター・リングディールからの入門試験

ディナン深層林のエリアランクが5になったら、リングディールから「エレメントアーチャー入門試験」を受けることができます。

エレメントアーチャー画像8

入門試験は「Lv.40以上のエント 3体」の討伐です。ワールドクエスト「緑に舞い散るは」を3回行うのが、もっとも楽で効率が良いでしょう。

試験をクリアしてリングディールに報告すれば転職が可能になります。

DDON エレメントアーチャー スキルの指南書

エレメントアーチャーのスキルには、攻撃・サポート・回復と多様なものがそろっており、それゆえに、それぞれの特徴を知っておく必要があります。

スキルはジョブポイントを消費して取得しますが、どのジョブでも、取得できるジョブポイントに上限があるため、現状、全てのスキルをレベル10に上げることはほぼ不可能です。

しかも、ボタンの関係で、戦闘中に使えるスキルは4種類のみです。全スキルを中途半端に取得するより、重要なスキルをレベルアップさせていくようにしましょう。

ここでは、エレメントアーチャーに必須とされているスキル・優先して上げたいスキルを中心に、その特徴を解説します。

エレメントアーチャーの必須スキル

・連魔弾

最も優先して上げたいスキルです。エレメントアーチャーは、さまざまなジョブの中でも「凍結」させる力にたけています。

そのため、パーティー内で、敵を「凍結」させる役割を担います。「連魔弾」は氷属性のスキルで、高い凍結値を溜めることができます。

エレメントアーチャー画像12

敵のレベル・敵の種類・武器のレベルによって、「何発で凍結するか」が変わります。凍結は蓄積値が表示されないため、多くの敵と戦って「何発で凍るか」を体感しておくことが重要です。

・弱体魔弓

エレメントアーチャー画像11

レベルが高くなってから習得できますが、取得したら、早い段階でレベルアップさせておきたいスキルです。

敵のシークレットコアへ打ち込むことで、怒り状態のスタミナの減りを速くする効果があります。

そのため、このスキルの有無が、討伐時間に大きく影響します。撃つのに準備時間もかかるため、上手く1発で充てる必要があり、練習が必要です。

また、障害物に当たると消えてしまうため、特に空を飛ぶ敵には当てにくい技です(翼に当たって消えてしまうことも多いです)

しかし、上手く当てられ、パーティーに貢献できた時は、何物にも代えがたい達成感があります。ぜひ積極的に練習してみてください!

・減防魔弓

エレメントアーチャー画像13

敵の防御力を大幅に弱める効果を持ちます。大型モンスターは、1回のダウンで倒しきるというのが、暗黙の了解・パーティーの目標です。

怒り状態が2回目に入ると、スタミナ削りの時間により、討伐時間が倍以上かかることもあるためです。

敵がダウンしての集中攻撃する際、この減防魔弓が入っているかどうかで、1回のダウンで倒しきれるかどうか分かれ目になります。

それほどに大きく防御力を下げることができる強力なスキルです。

連魔弾などの「凍結値」とは違い、打ち込むと、蓄積状態がアイコンで表示されます。そのため、あとどれくらいで効き目が出るか、比較的わかりやすいでしょう。

時間がたつと効果が消えてしまうため、「集中攻撃時に効果が切れないように」タイミングを狙うことが重要になります。

その他のスキルについて

上記3点が、エレメントアーチャーがまず備えたい重要スキルといえます。優先的にジョブポイントを割り振り、ジョブレベルを上げてみましょう。

戦闘にはもう1つスキルを持っていけますが、敵やフィールドによって変えることが多くなります。

たとえばエクストリームミッションでは使える回復薬に限りがあるため、スタミナを回復させる「奮わせ魔矢」でサポートするのも良いでしょう。

狭い路地でザコモンスターを多く相手にする場合は、「跳弾魔従」を使うと速く討伐できます。

ワイトやウィッチなど、空を飛ぶ相手が多い場合は、速く地上に落とすために「閃魔光」が大きな威力を発揮します。

エレメントアーチャー画像10

エレメントアーチャーは、パーティーのサポート役として、多くの能力を備えています。

パーティーの編成やメンバーの動きをよく見て、どうサポートしたら、より貢献できるか?を考えることが大事です。

上手くサポートできた時の達成感や、メンバーから感謝されたときの嬉しさを味わえるのもこのジョブならでは。

オンラインゲームならではの協力プレイを、最大限に楽しめる要素を持っていますので、せひチャレンジしてみてください!

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

【ddon】エレメントアーチャースキル紹介 連魔弾 炎魔弓 跳弾魔従

・エレメントアーチャー
・スキル
・おすすめ

 エレメントアーチャーにとって「連魔弾」は必須スキルですが、もちろんその他のスキルも様々な効果があります。こちらの動画では、エレメントアーチャーが初期状態から覚えられるスキルについて、くわしく解説されています。戦闘シーンを交えて解説されているので、イメージがつかみやすいと思います。中でも筆者のおすすめは、炎魔弓・閃魔光でしょうか。
 炎魔弓は、一部の敵には必須のスキルで、対ゴーレム戦では、このスキルがないとソロではほぼ攻略不可能です…。閃魔光は、複数のザコ敵を一度に殲滅できるので、ソロでもレベル上げやジョブ修練がしやすくなりますよ!なお、このほかにも、シーズン1.2のアップデートで新しく追加された「弱体魔弓」というとても強力なスキルがありますが、レベルが上がってからでないと習得が難しいことと、解説が長くなるため、今回の記事では紹介していませんが、高レベルになったらぜひ取得することをおすすめします!

トップページへ

【DDON】エレメントアーチャー氷襲ありなしで連魔弾使って凍るまでの回数を比較してみた

・連魔弾
・氷襲
・凍結

 ドラゴンズドグマオンラインでは、敵へ状態異常を与えるために、「たくさん攻撃する」ことが大切です。何度も攻撃を与えることで「蓄積値」がたまり、ある一定以上「蓄積値」がたまると敵に状態異常がかかる…というシステムになっています(どのくらい状態異常を与えられえるかは、ステータス画面で、蓄積値として見ることができます)。エレメントアーチャーは、アビリティ「氷襲」を付けることで、この「蓄積値」がアップし、さらに敵を凍らせやすくなります。こちらのスキルの動画では「氷襲」をセットした場合・セットしなかった場合で、どのくらい凍るまでの攻撃回数が違うのか、解説しておられます。エレメントアーチャーに転職したら、ぜひ「氷襲」と「連魔弾」をセットで使ってみてください!
 また、このアビリティ「氷襲」は、もちろん他のジョブでも効果が出ますので、攻撃回数の多いハンターやシーカー、ファイターの「天蓋斬り」と一緒に使っても効果抜群です!

トップページへ

【DDON】エレアチャで楽々エルダー討伐!【解説あり】

・グランドミッション
・凍結
・クレスト

 動画2では、スキル「連魔弾」+アビリティ「氷襲」の組み合わせで、さらに凍りやすくする方法を紹介しましたが…さらに、武器へ「氷結のクレスト」「氷凍結のクレスト」などを装着すると、氷の「蓄積値」が増え、ボス級の強力な敵も凍らせることができます。効果は絶大で、こちらの動画のように、グランドミッションの最強モンスターも楽に倒せるほど!エレメントアーチャーがもつ「連魔弾」のすばらしさ・楽しさを、イメージできるかと思います。
 もちろん、動画のように、プレイヤーのレベル・武器のレベル・スキルのレベルも上げる必要がありますが、最終的にここまでできてしまうのか!?と思うと、是が非でもエレメントアーチャーを育ててみたくなりますね!なお、スキルのレベルを上げるためにはジョブ修練が必要ですが、ジョブ修練についても別の記事でまとめたいと思います。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社