QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマオンライン ロストしたポーンを救おう!

 戦闘中に死亡してしまい、ロストしてしまったポーンの救出に向かうプレイヤーのドラゴンズドグマオンライン動画を集めてみました。実際にゲームをプレイしている中で、ポーンがロストしてしまい呼び出すことができなくて、困ってしまった方もいるかもしれませんね。こちらの動画では、実際にロストしたポーンの救出に向かうプレイヤーを見ることができますので、とても参考になると思います。
 救出方法は、ポーン郷内の異界の狭間へ向かいポーンクラッシャーという敵から、ポーンを助けることになります。ポーンクラッシャーは、2体出現しポーンに襲い掛かります。ポーンと一緒に戦うことになりますが、プレイヤー、又はポーンが戦闘不能になった場合やポーンを救出しなかった場合は、救出失敗となります。敵のレベルもプレイヤーと比例され強くなりますので気を付けましょう。プレイヤー達は、無事にポーンを救出することができるのでしょうか・・・?

【実況】ドラゴンズドグマオンライン 新人覚者の大冒険 #10

・ドラゴンズドグマオンライン
・ポーン
・ポーン救出動画

 異界の狭間へ行き、ロストしたポーンを救出する実況動画となっています。動画の最初では、メニュー覧のワールド内にありますチュートリアルガイドから、ポーンの救出方法を説明してくれています。ポーンを救出するためには、異界の狭間の奥にある囚われし戦徒の間という場所へ向かうことになります。そこではポーンクラッシャーが出現し、ポーンが倒される前にポーンクラッシャーを倒すことになります。
 救出に失敗した場合や助けなかった場合は、リムの淵辺で呪縛状態となります。複数のポーンが囚われている場合は、一度の戦闘で全員を救出することができませんが、復活力や黄金石を使用することで全員救出することもできます。救出されたポーンは、装備を外されている状態になっていますが装備品が無くなることはありません。ポーンを使用したい場合は、異界の狭間から出たあとリムストーンなどで呼ぶことができます。

トップページへ

【=実況 #07】「ポーンをロスト!復活までの道のり」ドラゴンズドグマオンライン CBT2(PS4版)を攻略&レビュー!

・ドラゴンズドグマオンライン
・ポーン
・ポーン救出動画

 異界の狭間へ行き、ロストしたポーンを救出する実況動画となっています。異界の狭間内では、敵が出現します。プレイヤーのレベルに比例した敵が出現しますので、倒す場合は装備やアイテムを整えてから挑むようにしましょう。ポーン郷内にはよろず屋もありますので、利用すると戦闘を有利に進めることができるかもしれません。また敵や宝箱からリムを入手することもできますが、とても少ないので期待はしない方が良さそうです。
 ポーンとポーンクラッシャーがいる囚われし戦徒の間では、きれいな水を入手することもできます。囚われし戦徒の間でポーンクラッシャーを救出したあとは戻らずに、更に奥にありますリムの淵辺に移動しましょう。そこにいるポーンに話しかければ救出成功となり、使用することができるようになります。救出したポーンは、ポーン郷内にありますリムストーンや白竜神殿レーゼで、メニューのキャラクター覧にありますポーンから呼び出すことが可能となります。

トップページへ

ドラゴンズドグマオンライン β # 21 ロストしたメインポーンを救出! 【PS4】

・ドラゴンズドグマオンライン
・ポーン
・ポーン救出動画

 異界の狭間へ行き、ロストしたポーンを救出するドラゴンズドグマオンライン動画となっています。メニューの一覧からでも、ポーンがロストしたときの対処方法が記載されています。ポーンを救出するためには、ポーン郷内部にあります異界の狭間まで移動しなければなりません。ポーンが倒されやすく、いつ死亡状態になるか不安だという方はポーン郷をマイ拠点に登録しておくと良いかもしれません。ポーンが最悪ロストしてしまった場合も、すぐにポーン郷へ移動することができて便利です。
 マイ拠点に登録していない場合は、近くの拠点の礎を利用しましょう。異界の狭間内では、敵が出現します。プレイヤーのレベルに比例した強さの敵が出現しますので、すぐに救出したい場合や敵が強いと感じた場合は避けて移動した方が良いですね。奥の囚われし戦徒の間では、ポーンクラッシャーが2体出現。ポーンが倒されてしまうと救出失敗となります。装備やアイテム、スキルなどを整えて挑むようにしましょう。倒したあとは、更に奥にいるポーンに話しかけることで救出成功になります。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社