QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマオンライン 初心者におすすめのジョブは?

ドラゴンズドグマオンラインを始めたばかりのプレイヤーにおすすめジョブについでです。

ドラゴンズドグマオンラインでは初期で選べるジョブは4つあります。

・近接戦闘が得意で体力も多い「ファイター

・弓矢で遠距離攻撃ができる「ハンター

・魔法で攻撃も支援もできる「プリースト」はこちらへ

・敵の攻撃を受け止め、受け止めた力を属性攻撃に変える事が出来る「シールドセージ」はこちらへ

この記事では初心者向けのジョブやその修練について詳しく解説し、その先の解放ジョブにいたる流れを解説していきます!

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

DDON ジョブとは?その特徴を解説

04637-dragons_dogma_thumbnail

ドラゴンズドグマオンラインでは、キャラ作成時に「ジョブ」を選ぶことができて、戦い方・プレイスタイルに大きく影響します。

ドラゴンズドグマオンラインのジョブは、シーズン1.3の現在、9種類用意されています。

戦闘の役割から、攻撃職・支援職・防御職と大きく3種類に分けて考えると、イメージがつかみやすいでしょう。

・攻撃職は「赤」

・支援職は「緑」

・防御職は「青」

で表示されます。

ジョブ画像1

初期ジョブについて

以下は、キャラメイク時に選べるジョブです。一般的に初期ジョブと呼ばれています。

・「ファイター」ー(攻撃職・近接攻撃型)
・「ハンター」(攻撃職・遠距離攻撃型)
・「プリースト」(支援職)
・「シールドセージ」(防御職)

それぞれのジョブに個性がありますが、どのジョブでも「攻撃力・防御力に差がない」のも、このゲームの特性です。

たとえば、支援職の「プリースト」だからといって、攻撃が弱いわけではありません。

一方、防御職の「シールドセージ」だからといって、他のジョブより防御力が高いということもありません。

基本的な能力は「どのジョブも同じ」と考えて問題ありません。

ジョブ画像2

また、どのジョブを選んでも、相性の悪い敵が出てきます。

パーティーで協力プレイをしながら、それぞれのジョブの「弱点」を補い合い、助け合うのも、オンラインならではの醍醐味と言えるでしょう。

開放ジョブについて

ゲームを進め、エリアを開放していくと、プレイできるジョブが5種追加されていきます。

それぞれのジョブを開放するためには、ある一定の条件をクリアする必要があります。

ジョブによって細かい条件は異なりますが、大まかに次のような流れで解放されます。

(1)クエストをこなし、新しいエリアを開放する
(2)新しいエリアで、ジョブマスターと出会う
(3)ジョブマスターから出される課題を達成する

以下は、ゲームが進むと解放されるジョブと、特徴・個性の紹介です。

シーカー

攻撃職・近接攻撃型・よりスピード重視に特化されたジョブ

シーカー」はこちらへ

ソーサラー

攻撃職・遠距離攻撃型。ハンターより属性攻撃面に特化されたジョブ

ソーサラー」はこちらへ

エレメントアーチャー

支援職。プリーストよりやや攻撃面に特化されたジョブ

エレメントアーチャー」はこちらへ

ウォリアー

攻撃職・近接攻撃型。よりダメージ重視に特化されたジョブ

ウォリアー」はこちらへ

アルケミスト

防御職。シールドセージより、攻撃、支援に特化されたジョブ

アルケミスト」はこちらへ

(※ ゲームを進めるにつれ、上から順に開放されていきます。)

複数のジョブを育てて、ゲームを楽しもう!

シーズン1.3の現在、以上のように初期ジョブが4種類、解放ジョブが5種類用意されていますが、

初期ジョブだから弱い…、開放ジョブだから強力…ということもありません。

「攻撃」「支援」「防御」のスタイルは変わらず、より専門的に、個性的になるというイメージです。

どのジョブも、最終的なステータスに大きな違いがなく、どれを選んでも問題なく楽しめることでしょう。

回数制限や時間制限などのペナルティもなく、好きなタイミングでジョブを変えることができます。

ぜひいろいろなジョブにチャレンジして、アクションを楽しんでみてください!

DDON おすすめのジョブは?

ドラゴンズドグマオンラインでは、転職に制限はありません。回数や時間制限もなく、アイテムなどを消費する心配もありませんので、気軽に選んでみてください!

まずは、試してみて「楽しい!」と感じるジョブを選ぶのが一番です!

とはいえ、ゲームの進行にあわせ、どうしても「進めやすい」ジョブがあることも事実です。

ここでは、おすすめのジョブや、転職の考え方を、ゲームの進行度ごとにまとめたいと思います。

初期ジョブのおすすめ

初期のジョブ選びに悩んだ場合は、ファイターをおすすめします。

他のアクションRPGゲームでもなじみの深い「戦士型」なので、軽快にゲームを進められるでしょう。

初期から防御スキルも持っているため、アクションRPGになじみが少ない方でも安心です。

ジョブ画像3

ドラゴンズドグマオンラインでは、最初はソロでレベル上げをしていかなければなりません。

メインストーリーをある程度進めると、オンラインでパーティーを組めるようになります。

また、ソロでも、ポーンと呼ばれる「従者」をパーティーに連れて行けるようになります。

こうしたパーティーシステムが解放されたら、ハンター・プリースト・シールドセージを含めて、あらためてどのジョブで遊ぶかを考えると良いでしょう。

パーティーを組めるようになったら

パーティーシステムが解放されたら、あらためて育てたいメインジョブを決めると良いでしょう。

ソロプレイ重視の方

ソロでのプレイが多い予定の方は、赤色のジョブ(攻撃職)を選んでおくと、レベル上げがしやすいかと思います。

そのままファイターでゲームを進めるのもスムーズですが、FPSゲームなどのエイムが得意なプレイヤーの方は、この時点でハンターへ転職してみるのもおすすめです。

ジョブ画像4

支援職のプリースト・防御職のシールドセージは、パーティーで真価が発揮される能力が多いので、ゲームが進むにつれ、ソロでは厳しくなる傾向があります。

もしソロプレイ中心で、かつ、シールドセージやプリーストでプレイしたい…という場合は、ポーンを攻撃職として育て、主人公よりも優先的に、強い武器を持たせてあげるようにしてください。

パーティープレイ重視の方

友人やクランと定期的にパーティーを組んで遊ぶ場合は、複数のジョブに分かれておくと、より有利にゲームを進めやすくなります。

ドラゴンズドグマオンラインでは4人でパーティーを組みます(グランドミッションは8人まで)

固定メンバーに支援職(緑)・防御職(青)が一人ずついると、安定したパーティーが作れるでしょう。

ジョブ画像5

シールドセージ・プリーストは、2人以上いると役割がかぶってしまいますので、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。

新ジョブを開放しても、1職に絞る

新ジョブの開放には、モンスター討伐が必要なため、ある程度レベルを上げて、ストーリーを進めていく必要があります。

以下は、シーズン1.3現在、追加されるジョブと、おおまかなレベル帯の目安です。

ソーサラー」 : 目安レベル 20
シーカー」: 目安レベル 30
エレメントアーチャー」 : 目安レベル 40
ウォリアー」: 目安レベル 45
アルケミスト」: 目安レベル 55

このゲームでは、目安レベルが「高い」からといって、必ずしも「強い」というわけではありません。

そのため、「最短で、最前線のクエストやイベントに参加したい!」という目的であれば、

(2)で選んだジョブをそのまま育てていくのが近道となります。

理由はレベルが20付近になり、ソーサラーを開放できたとしても、転職後はレベル1からスタートになるためです。

シーズン1.3からは、メインクエストを全てクリアしないと、参加できないイベントが出てきました。

ジョブ画像6

メインクエストをクリアすることで、参加できるイベントも増え、楽しみ方もひろがります。

そのため、まずはいずれかのジョブを60付近に上げ、メインクエストをクリアすることを目標にすると良いでしょう。

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

DDON ジョブ修練とは?

ここでは、ジョブ修練という成長システムを、具体例を入れて解説したいと思います。

ドラゴンズドグマオンラインでは、とても重要なゲームシステムです。ぜひマスターして、プレイヤーを強化してくださいね!

ジョブ修練には、2つの種類があります。

(1)カスタムスキルのジョブ修練

ジョブ固有の技を強化するための、ジョブ修練です。より強力な技を覚えるための成長システムです。

(2)アビリティのジョブ修練

アビリティは、ジョブごとに覚えられるものが決まっていますが、度覚えると、どのジョブでも利用可能です。

攻撃力UPやダメージ減少など、強力なステータスアップが可能です。

まずそれぞれについて解説したのち、ジョブ修練の流れについてまとめたいと思います。

カスタムスキルのジョブ修練

ジョブレベルが上がっていくと、新しい「技」を覚えることができます。たとえばファイターは範囲攻撃ができるようになったり、ソーサラーは強力な魔法を覚えることができます。

こうした「ジョブごとに覚えられる技」を、「カスタムスキル」と呼びます。

カスタムスキルは、ジョブレベルを上げるだけでも習得できますが、さらにジョブ修練をクリアすることで、より強力に進化させることができます。

例として、ハンターでよく使われる「扇射ち」というカスタムスキルは、レベル6になると、「矢の発射数が、3本から5本に増える」という進化を遂げます。

単純計算でも、1.6倍も効果が上がることになります。

ジョブ画像7

このように、各ジョブともに、カスタムスキルは、レベル6になる時・10になる時に、目を見張るほどの進化を遂げます。

それほど強力な成長ですので、各ジョブマスターからジョブ修練を受け、課題をクリアしなければなりません。

アビリティのジョブ修練

多くのロールプレイングゲームでは、レベルが高いとプレイヤーのステータスも高くなる…というイメージですが、

ドラゴンズドグマオンラインでは、「アビリティ」が、ステータスに大きな影響を与えます。

アビリティは、ジョブによって覚えられるものが決まっています。

しかし、一度覚えてしまうと、他のジョブやポーンにもセットできるという恩恵があるため、ジョブ修練は(1)に比べて難易度の高いものになっています。

例えば、ソーサラーで覚えられるアビリティ「攻氷」を付けると、炎属性のダメージが大幅に上がります。

もちろんソーサラーの氷攻撃「フロストスパイク」のダメージも増加しますが、エレメントアーチャーの氷攻撃「連魔弾」にも効果が出ることになります。

ジョブ画像8

エレメントアーチャーをメイン職として最大まで育て上げてしまっても、サブ職としてソーサラーを育て、「攻氷」を取ることでさらにステータスがアップできるのです。

全ジョブで使い回しできる」という点で、アビリティの取得は、非常に重要な成長システムとなっています。

ジョブ修練の流れ

ジョブ修練の流れは、カスタムスキルのレベルアップ・アビリティのレベルアップともに、以下の流れで進みます。

ジョブ画像9

(1)ジョブのレベルを上げ、ジョブマスターに話しかける
  (※ ジョブ修練開始に必要なレベルは、神殿レーゼの戦技補佐から確認できます)

(2)新しいジョブ修練を指示される
  (※ 例:ハンター 扇射ち LV.6の場合「LV.1 以上のゴブリンを、60体倒せ!」)

(3)指定されたモンスターを、一定数以上討伐する

(4)ジョブマスターに報告すると解禁される。同時に次のレベルへの課題が出される。

(5)神殿レーゼの「戦技補佐」に話しかけ、ジョブポイント(JP)を消費してレベルアップさせる

これを繰り返し、最大レベルまで達すると★マークがつきます。もちろん、全ジョブの全スキル、全アビリティを最大まで強化する必要はありません。

高レベルクエストをクリアするために、フレンドやパーティーで話し合い、どんなアビリティを鍛えていくか?戦略を立てていくのも楽しいものです。

注意点としては、ジョブ修練をクリアしても、ジョブポイントが足りなければ技は進化させることができません。

ジョブポイントは、レベルが最大まで達してしまうと、一部グランドミッションでしか手に入りません。

そのため、「よく使うスキル」「必要なアビリティ」にのみ、ジョブポイントを使うように気を付けてくださいね!

DDON ジョブマスター、その役割と居場所は?

ドラゴンズドグマオンラインにおけるジョブマスターとは、プレイヤーにとっての「先生」や「師」のような存在です。

プレイヤーに新しいジョブを紹介してくれたり、より強いスキル・アビリティを教えてくれる役割を担っています。

ジョブ画像10

ゲームを進めていくと、特に「ジョブ修練」で頻繁に訪れることになるでしょう。ここでは、各ジョブマスターの紹介と、場所についてまとめます。

初期ジョブのジョブマスター

初期から選べるジョブ「ファイター」「ハンター」「プリースト」「シールドセージ」は、ジョブマスターに会うクエストがないため、マップにマーカーが出ません。

そのため、比較的居場所がわかりにくいため、以下に詳しくまとめます。

ファイター

ジョブマスターは「ヴァネッサ」です。ゲーム開始直後のチュートリアルで戦闘した、グリッテン砦の中にいます。

序盤では、グリッテン砦は南門しか開いていません。神殿を出て東へ進み、橋を渡ったら北へ向かいます。

南門からグリッテン砦の中に入ったら、すぐ左側の詰所にいます。

ハンター

ジョブマスターは「イヴァン」で、ミスリウ森林深部の「イヴァンの山小屋」にいます。

ワールドマップではわかりにくいですが、序盤からエリアに入れます。特別な条件や、エリア試練をこなす必要はありません。

リンウッドの礎から、南東へ向かいます。ワールドマップで確認しながら、「標の祠 ミスリウ森林深部」へ向かってください。

座標 X:245 Y:464 の位置にあります。標の祠の中に拠点の礎があるので、一度たどりつけばリム転移が可能になります。ミスリウ森林深部は、敵がレベル30前後と、序盤にしては強めです。

レベルが低い場合は、回復薬を多めに持って「標の祠 ミスリウ森林深部」までダッシュしましょう。

ポーンは戦闘に巻き込まれてしまう可能性があるので、ソロで行くことをおすすめします。

拠点の礎を開放したら、湖を左周りに迂回すれば、「イヴァンの山小屋」へ到達できます。

プリースト

ジョブマスターは「カミュ」です。レベル5になるとメインクエスト・異界の戦士を受けられるようになり、ポーン郷へ行くことができるようになります。

マップ上ではわかりにくいですが、ポーン郷の中、左側の階段を登って行くと出会うことができます。

シールドセージ

ジョブマスターは「ルドルフォ」です。まず、テル村から西へ進み、ブリア海岸の村、ローテスに進みます。

ローテスから南西、モルトバ灯台へ向かいます。灯台の横にある「灯台守の家」の中に住んでいます。

追加ジョブのジョブマスター

ゲームを進めていくと、さらに以下の5ジョブが追加されます。

ソーサラー (シーズン1.0追加ジョブ)
シーカー (シーズン1.0追加ジョブ)
エレメントアーチャー (シーズン1.1追加ジョブ)
ウォリアー (シーズン1.2追加ジョブ)
アルケミスト (シーズン1.3追加ジョブ)

これらの追加ジョブで遊ぶには「ジョブ開放」という手続きが必要になります。

ジョブ画像11

ジョブの開放までの大まかな流れは、以下の通りです。

(1)ジョブレベルを上げ、メインクエストを進行する
(2)エリアポイントをためて、各地のエリアマスターから、エリア試練を受ける
(3)エリア試験をクリアし、新しいエリアを開拓する
(4)新しいエリアで、さらに新しいエリアマスターから試練を受け、次のジョブを開放する

各ジョブとも、この流れに沿ってクエストマーカーが出るので、場所は見つけやすいと思います。

以下、追加ジョブのジョブマスター・居住エリアをまとめておきます。

ソーサラー

ジョブマスター:エメラダ
エリア:ミスリウ森林

シーカー

ジョブマスター:チェスター
エリア:ダウ渓谷

エレメントアーチャー

ジョブマスター:リングディール
エリア:ディナン深層林

ウォリアー

ジョブマスター:オリバー
エリア:ザンドラ東部

アルケミスト

ジョブマスター:テオドール
エリア:亡都メルゴダ

ジョブの開放には、上記にまとめた各エリアで「エリアポイント」をためる必要がありますので、クエストを受けるときの参考にしてください

DDON 攻略Wiki」はこちらへ

ドラゴンズドグマオンライン実況7 ファイターのジョブ修練!! (女性実況)

・ドラゴンズドグマオンライン
・ファイター
・おすすめジョブ

 今回紹介する動画では、ファイターの修練についてです。ドラゴンズドグマオンラインでは、カスタムスキルがレベル5まで上がると、それ以上は上がらないようになっています。レベル6にするには、ジョブ修練をしなければなりません。今回のファイターは、近接戦闘と盾による防御がドラゴンズドグマオンラインを始めたばかりの初心者の方におすすめジョブです。
 ファイターもカスタムスキルがレベル5になるとジョブ修練をしなければレベル6にする事ができないため、ジョブ修練を受けるために、グリッテン砦のヴァネッサに会って、ジョブ修練クエストをクリアすることで、レベル6まで上げる事ができます。なお、ヴァネッサはファイターのジョブマスターのため、ハンターやプリーストといった他のジョブの修練は受けることができませんので、ジョブに対応したジョブマスターに会いに行きましょう。

トップページへ

【ドラゴンズドグマオンライン】ハイデル平原 経験値稼ぎ (サイクロプス討伐 プリースト・ハンター向け)

・ドラゴンズドグマオンライン
・ハンター
・プリースト

 今回紹介する動画では、ハンターとプリーストというおすすめジョブについてです。ドラゴンズドグマオンラインの基本ジョブであるハンターは基本的に弓矢による遠距離攻撃で戦います。しかし、矢の距離がギリギリ当たる位置だと威力が落ちてしまいます。常に適正な距離を保たねばならない上に、矢に弾数があるので時々リロードしなければなりません。
 ファイターほど頑丈ではないですが、弱点を狙い撃ちする事が可能なので、基本ジョブの中では中級者向けとなります。プリーストは基本的にパーティの後方支援と遠距離魔法攻撃を行うジョブです。ほとんどのスキルが発動に時間がかかるものが多くソロでは敵の妨害を受けやすいため、他のプレイヤーかポーンと組んでパーティプレイをする事になります。また、防御力もあまり高い方ではないので、巨大モンスターの攻撃ですらも致命傷になりかねないため、常にパーティの後方支援として全体を見ながら攻撃魔法か支援魔法を使い分ける判断が必要とされるので、上級者向けのジョブと言えます。

トップページへ

【ドラゴンズドグマオンライン】シールドセージって何やってるの?という方へ

・ドラゴンズドグマオンライン
・シールドセージ
・おすすめ

 今回紹介する動画では、ドラゴンズドグマオンラインのおすすめジョブであるシールドセージについてです。ドラゴンズドグマオンラインの基本ジョブであるシールドセージは敵の注意を引くスキルを使い、大きな盾で敵の攻撃を受け止め、その受けた攻撃をフォースゲージに変えて属性攻撃、または自分や味方に属性のバフを与える事ができます。
 逆に言えばフォースゲージが無い時は攻撃手段も乏しくなるため、積極的に敵の前に出て攻撃を大盾で受け止める必要があります。シールドセージはソロよりも、パーティプレイで真価を発揮するジョブなので、シールドセージに攻撃を向かうように敵の注意を引きつければ、ハンターやプリーストは安心して遠距離攻撃と支援ができます。さらに敵の攻撃を受け止めるとフォースゲージも溜まるため、味方に敵の弱点属性を付与してよりダメージアップを狙えます。パーティプレイで味方を守る盾になりたいというプレイヤーのおすすめジョブです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社