QムービーTOP > アニメ > エヴァンゲリオン

【エヴァンゲリオン】ツンデレの代表格!<アスカ・ラングレー>の動画を集めました

 「エヴァンゲリオン」の中には、様々なキャラクターが登場します。気の弱い主人公シンジを巡る物語に絡め、色々な葛藤が垣間見えます。もちろん、アニメらしいギャグなどもあり、張り詰めた雰囲気の中にも、ホッとできるものがあります。そんな「エヴァンゲリオン」の中でも、アスカ・ラングレーは、非常に人気の高いキャラクターではないでしょうか?日本ばかりでなく、海外からもファンが多いように見受けられ、コスプレ好きの人でも、アスカ・ラングレーを選ぶ人は、多いようです。一見すると気が強い女性ですが、実は内面に問題を抱え、物語の最後まで引きずっていきます。彼女の気の強さは、弱さの裏返しであり、結局、主人公シンジと変わらない面があるのかもしれません。もしかしたら、個性とは、表面の違いだけであり、心の中で似たような面があるのかもしれません。いずれにせよ、アスカ・ラングレーは、「エヴァンゲリオン」の中でも、人気の高いキャラクターです。ここでは、彼女の動画を集めてみました。少し_道に逸れたような動画と受けられるものがあるかもしれませんが、それもまた、「エヴァンゲリオン」の延長上にあると言えます。果たして、皆さんは、どのようにお思いになるのでしょか・・・。

新世紀エヴァンゲリオン カッコよくドイツ語をしゃべるアスカ 英語でやり合うミサトさん

 アスカ・ラングレーは、日独のハーフとして、描かれています。ドイツから招かれたエヴァのパイロットであり、言葉は悪いですが、いっちょ出世してやろう、と意気込んで来日したようです。この動画では、そんなアスカの気の強さが全面に出たものとなっています。しかも、ドイツ語を話し、育った環境を伺うこともできます。おそらく「エヴァンゲリオン」を見た人であれば、覚えている人もいるかもしれません。いわば、一部を抜き取っただけの動画でもありますが、そうであるからこそ、アスカ・ラングレーの魅力が分かるかもしれません。また、エヴァ操縦士の司令官に当たる葛城ミサトの英語も聞くことができます。国際部隊との対立場面で出て来る言葉であり、「エヴァンゲリオン」が日本ばかりが舞台ではないことを理解できるでしょう。ある意味、アスカ・ラングレーも葛城ミサトも、気の強い女性であり、その間に立つ主人公シンジの姿が、どこか現代日本の男性像に繋がるかもしれません。あるいは、制作者の単なる趣味になるのかもしれませんが、それは見た人が自由に解釈すべきことかもしれません。

トップページへ

evangelion エヴァンゲリオン アスカ ラストバトル

 どんな物語にもクライマックスがありますが、「エヴァンゲリオン」においても、当然クライマックスがあります。テレビと映画では異なり、現在制作中の新劇場版でも、少し違ったエピソードがあるようです。けれども、オリジナルが好きな人もいるでしょうが、この動画のアスカ・ラングレーの最後の戦いは、まさにオリジナル好きに適切なものかもしれません。すでにDVDなどを所有している人でも、改めてピックアップされた場面を見ることで、新しい発見があるかもしれません。また、表面と内面の異なるアスカ・ラングレーがラストバトルで、とうとう一致した姿を垣間見せるようになったと言えます。しかし、それはある意味、大きな変化でもあり、見ている人の中には、驚く人もいるかもしれません。こういうところに、「エヴァンゲリオン」という社会現象にまでなったロボット・アニメの大きな特徴があるのでしょう。ともあれ、アスカ・ラングレーの最後の戦いは、見ている人を惹き付ける要素があるかもしれません。様変わりした彼女の姿を見ることで、何かした感慨を覚える人も、少なからずいることでしょう。

トップページへ

残酷な天使のテーゼ (惣流・アスカ・ラングレー)ver.

 「エヴァンゲリオン」と言えば、やはり、主題歌に集約されると考える人もいるかもしれません。主題歌とは、テレビ版で使われた「残酷な天使のテーゼ」です。今でも、カラオケなどで人気があり、「エヴァンゲリオン」は好きではないがこの歌は好き、という人もいるかもしれません。しかし、人気の出た曲は、様々な歌い手にカバーされることが、一般的です。この動画も、そういうカバーの一種でしょう。そうは言っても、全く「エヴァンゲリオン」と関係のない人が歌っているのではなく、アスカ・ラングレーが歌っています。正確には、アスカ・ラングレーの声優になりますが、彼女らしい台詞などが盛り込まれ、一風変わった「残酷な天使のテーゼ」でしょう。何事にも、好きか嫌いかは、人によりけりであり、「残酷な天使のテーゼ」はオリジナル歌手が一番、と思う人もいるかもしれません。けれども、アスカ・ラングレーのファン、あるいは、彼女の声を担当している宮村優子のファンであれば、非常に楽しめるものかもしれません。全編アスカ・ラングレーの画像と共に曲が流れるのみですが、シンプル・イズ・ベストとして、十分堪能できるでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社