QムービーTOP > アニメ > エヴァンゲリオン

【エヴァンゲリオン】憧れのお姉さん?<葛城ミサト>の動画を集めました

 14歳の少年が主人公である「エヴァンゲリオン」の中でも、葛城ミサトの役柄は、大人の女性としての振る舞いと言えます。主人公シンジの上官でもあり、エヴァでの戦いを命じたりします。姉のような存在でもありますが、母のいないシンジにとっては、母親の変わりとも言えるかもしれません。強くて、優しそうに見えながらも、実は心にキズを持っています。物語の終盤、彼女の告白シーンがあり、実はシンジと変わらない内面を持っていることが判明します。こういうところに、「エヴァンゲリオン」が単なるロボットアニメではなく、子供ばかりでなく、大人でも見応えのあるアニメとなっているのでしょう。むしろ、大人の方が見るべき点があるかもしれません。そうは言っても、完成の鋭い子供の方が、直感的に「エヴァンゲリオン」の意義を見つけ出す可能性があることも、否定できないでしょう。ともあれ、葛城ミサトは、大人の代表のような描き方をされ、身近なお姉さんとして親しんでいるエヴァファンも、多いかもしれません。ここでは、そんな葛城ミサトの動画を集めてみました。少し物語とは離れたものもあるかもしれませんが、それもまた、彼女の魅力から来ているのでしょう。果たして、皆さんは、いかがお思いになるでしょうでしょうか・・・。

葛城ミサト画像集

 数多くの「エヴァンゲリオン」ファンがいるかと思います。人それぞれ、登場人物への思いもあるでしょう。葛城ミサトもまた、そういう登場人物の一人であり、ある意味、常識を弁えた大人の代表でもあります。そのため、ファンになる人も多いでしょう、この動画では、そんな葛城ミサトの画像を集めています。おそらく作成者が独自で描いた、あるいは、選んだ画像なのでしょう。好きであろうバックグランド・ミュージックと共に、葛城ミサトの画像が流れていきます。心に響くような音楽と共に、彼女の姿が現れ、しかも、アニメの中では描かれていない姿もあります。良質の作品というものは、色々な応用が効くようです。応用とは、音楽で言えば、カバーであり、映画やドラマであれば、スピンオフ作品となるでしょう。この画像集もまた、そういう「応用品」と言えるようなものです。もっとも、「エヴァンゲリオン」に限らず、あまり人気のない作品でも、気に入った人であれば、自分なりに応用を効かせた画像などを描くかもしれません。それがファンであることの証でもあるのでしょう。ともあれ、こう画像集が出て来ることもまた、葛城ミサト・ファンが多いことの証かもしれません。

トップページへ

[MAD]  エヴァンゲリオン 加持&ミサト 「幸せは罪の匂い」

 葛城ミサトと言えば、加持リョウと連想する人も多いかもしれません。「エヴァンゲリオン」の中でも、大人のストーリーの中で関係し合い、主人公シンジとの対比も際立っているかもしれません。そうであるからこそ、葛城ミサトと加持リョウの関係を込んでいるエヴァ・ファンも多いかもしれません。この動画は、まさにそういうファンに向けたものかもしれません。実際の画像が編集され、作成者の好みに応じて、繋がっています。しかも、独自で選んだバックグラウンド・ミュージックが流れ、独創性もあるでしょう。すでに15万回以上再生され、コメントでも肯定的なものが多くなっています。評価の高い「エヴァンゲリオン」関連の動画と言えます。仮に「エヴァンゲリオン」を見たことがない人でも、興味を感じる人がいるかもしれません。今では、テレビあるいは劇場版でも、レンタルDVDで簡単に借りることができます。ネットレンタルであれば、出掛けることなく、「エヴァンゲリオン」を鑑賞することができます。葛城ミサトを深く知りたいのであれば、オリジナルを見てみることも、大事でしょう。

トップページへ

葛城ミサト CV

 アニメらしい派生商品とは、どういうものでしょうか?おそらくフィギュアが該当するでしょう。ネットショッピングでも簡単に入手でき、コスプレもまた、派生商品の一つに入ります。この動画もまた、そういう派生商品のようなものです。葛城ミサトのキャラクター・ボイスを集めたもので、作品の中で発せられた言葉などがあります。「エヴァンゲリオン」を見たことがあれば、ああこの時の瀬フィルか、と思い出す人もいるかもしれません。しかし、単に作品の言葉ばかりでなく、「エヴァンゲリオン」に関連した葛城ミサトのキャラクター・ボイスとなっています。たとえば、「エヴァンゲリオン」のゲームもあり、当然、葛城ミサトが登場するものがあります。そこから録音されたキャラクター・ボイスもあります。仮に彼女のファンであれば、どれがどこのものであるのかを知ることができ、十分楽しめるかもしれません。ずでに6万回以上再生され、人気の高さを伺うことができます。音も非常にキレイであるため、編集もきちんとしているのでしょう。この声を聞いただけでも、もしかしたら作品そのものを鑑賞したくなるかもしれません。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社